FC2ブログ
2008/09/13

ファームアップ

うちの2台目HDDレコーダーは、前の機種が壊れた!と大慌てで2005年に買ったものです(結局 前の機種も故障ではなく、今も現役で働いておりますが)。

この2台目、かなり前から「正常にダビングできませんでした」というエラーがしばしば起きる為に、メディアを何枚も無駄にするのが悩みの種だったのです。太陽誘電の国産DVD-Rを使っていますからメディアのせいとは思えません。古い機種では焼きエラーは全く起きないのに、新しい方だけ起きるの。

夏の暑さのせいか?とダビング前にしばらく電源を切ったりイロイロしながら使っていたのですが、最近ではその手も効かなくなり、とうとう先日開封した50枚入りスピンドルが半分以上エラーになる事態になってしまいました。いくらおばかな私でも、さすがにこれは普通じゃない、何か変だ!と対策を講じる必要を痛感した次第。

で、まずは検索をかけてみましたら、あっという間に解決策(たぶん)が見つかりました。ファームアップ。はー、そうですか、そうだったんですか。メーカーサイトに、8倍速/16倍速で正常にダビングできない事がある(他にもいろいろ)症状を修正するためのファームウェアが用意されていました。

しかも、そのF/Wの最終更新日は2007年2月。1年半以上前です。・・・・・。ばか、私のばか。

愕然としつつも雀坊堂にFW用のディスクをつくってもらい(こういうのってMacではつくれないのよね)、ファームアップ。「暑くても熱くても普通にDVD-R焼き」ができるようになりました。

一体今までの苦労はなんだったんだ~。私と雀坊堂がこの2年の間に無駄にしたDVD-Rは3ポットじゃ済まないかもしれない(泣)。やっぱりたまには商品情報サイトやメーカーサイトを見るべきだと猛省しました。2年も放っておくなんてお尻が重いにも程がありますよね...あーあ。

コメント

非公開コメント