FC2ブログ
2008/04/24

たまどー その2

今回撮った写真をざっとチェックしてみたのですが、ぜーんぶピンボケでした。.ちょっとメゲた。やっぱり取説は読まないとダメなのね。


さて、昨日の続きです。
ちんたらと写真撮ったりしながら、結果的に私のメインイベントとなったウータン舍に到着しました。

多摩動物公園のオランウータン舍にスカイウォークが出来たのは何年前でしたっけ。新聞でそのニュースを読んでから1度は来たいと思っていました。完成当初はウータンがなかなかスカイウォークしてくれない、なんて記事も心配しながら読んでいましたから。

元々ね、猿山とか大好きなんですよ。全く飽きない。でも今回はサル/チンパンジー/オランウータンの中ではウータンが最高でした。めちゃくちゃ賢くて、まるで人間の方が遊ばれているようです。私、よろこんで弄ばれたいんですが、賢いウータンはそんなおバカ一人を相手するほど暇じゃないのよって感じであしらってきます。


ズーストック計画で日本各地からウータンはたまどーに集められています。



上野動物園から来たモリーさんは推定55歳で世界最高齢!「絵を描くウータン」としても有名ですよね。左目を失明してしまっていて、右目のまぶたも垂れ下がっているので、自分の左手でまぶたを持ち上げてガラス越しにこちらを見るんです。しかも、カメラを構えるとカメラ目線でじーっとこちらを見てくれます。

若いウータンは小屋の中で天井の格子にぶら下がっていて(すばしこくて撮れません!)、このコならスカイウォークしてくれるかな?と期待が高まります。



屋外放飼場にはオスのウータン。オスは顔の横にヒダがあるのが目印なんだって。このコも(名前チェックし損ねた)柵の前に並ぶ人間たちの前を行ったり来たり。カメラを構えれば目線をくれます。どーしてこっちを見た写真がないかというと、ウータンがこっちを見た時、私は手ぶらで「わーい、ウータンだ」と見ていたから。

で、こちら側の人間の顔をぐるりと見回して「ふん、だいたいサービスしてやったな」と確認してから、向って左側にある小屋の中から窓越しに放飼場を見ているお客さんの目の前に行って「お待たせ」って感じでサービス。すげー。ウータン、心得てます!


11時からのウータンのスカイウォークにはまだ時間があるので、その先のユキヒョウに。他のみなさんはもうお揃いで、「望遠レンズ+一脚」でシャッターチャンスを狙ってます。

ユキヒョウには赤ちゃんが生まれたばかりで、赤ちゃんをテレビモニターで見ることもできます。大人のユキヒョウのうち一頭は放飼場の高い岩の上でお昼寝中。もう一頭は赤ちゃんのところに近い檻の中で元気に活動中。太くて長いしっぽがかわいかった。

私はユキヒョウの事、さっぱり分からなかったんですが、博識店主さんと動物園のボランティアガイドさんに教えていただいて、ちょっとだけ知識が増えました。でもねぇ、知識うんぬんより、可愛いよ、コイツ!みなさんが写真を撮りたがるのも納得。私は檻にピントが合った写真しか撮れませんでしたけど。

ところで、このユキヒョウの赤ちゃんを生んだおかあさんの名前は「ユキ」らしいよ!もしかしてあのウロウロしてたコがそうだったのかなー。俄然親近感が湧いたのでした(笑)。



その先にいるレッサーパンダもめちゃくちゃ可愛かったです。が、ヤツラはひたすらすばしこい!私はここで4枚撮りましたが、全てしっぽしか映ってませんでした(むー)。

まだ全然先に進めませんが、今日はここまで。

コメント

非公開コメント