FC2ブログ
2007/06/14

長い試合を見ながら

ホークス交流戦5割復帰。な、長かった...お立ち台のガトームソンのインタビューを聞いた雀坊堂が「ガトームソンって英語はっきり発音してんのかな、聞き取りやすいね」と一言。

んー確かに聞き取りやすいよな...と思ったところで気付きました。去年まで数シーズン、ホークスでお立ち台に立つような活躍をした外国人選手は、みんな母国語が英語じゃなかったから(笑)。

長かった、と言えば本日の日ハムー横浜戦。日付が変わる前に終わってよかったです。が、しかし。クルーンの内転筋は相当悪いんじゃないですか?びっこひいて出て来たよ。心配だなー。


そういえば、昨日の試合で新垣が暴投数18でパリーグ記録を作ったんですが、セリーグの記録は石井一久が持っているんだそーです。でもその記録も20だから、新垣がプロ野球記録を更新するのは時間の問題だわね(自虐的)。

パリーグの投手陣の成績上位者を見ても、他の人たちの暴投はせいぜい一桁。18は突出しています。しかもまだ6月半ば...困ったねぇ、渚。(ちなみにセリーグでの現在の最多暴投はやっぱり石井一久。8コだけどね)

投手陣の成績と言えばですね、その渚と仲良しな寺原が素晴らしい。防御率2.93はセリーグ第5位、勝利数6は同率4位4人のうちの1人,奪三振64で4位。

まぁ、チームの先発の柱として活躍している投手たちは投球機会が多い訳だから、よい方でも悪い方でも記録のランキングに顔を出すのはある意味当然とも言えると思いますが、去年までの寺原を思うとホントに夢のようです。

コメント

非公開コメント