FC2ブログ
2006/10/08

F1日本GP/プレーオフ第2戦

体調を崩してしまい、予定をキャンセルして寝ておりました。

午後3時頃にむっくり起きると、雀坊堂が「勝ってるよー」と一言。ホークスがライオンズをリードしているではありませんか!それで慌てて眼鏡をかけて(笑)テレビ中継に見入りました。F1とまるっきり時間がかぶっていてF1は録画対応だったのですが、チャンネルを変えたらちょうどアロンソがラストラップ走行中だったので、CX地上波の中継が終わるまでF1を見てしまいました。

私は今のF1を外側から眺めているだけなので、結果に一喜一憂することはありません。でも、最後の鈴鹿でミハエル・シューマッハーがリタイアしてチェッカーを受けられなかったことに対しては、かなり残念に思いました。ミカ・ファンとして長い間想いを共にした友人からのメールにあった通り、ミハエルのF1でのレースキャリアの終焉は、ミカファンにとっても「私たちの時代」の終焉なのです。ミカのF1からのいなくなり方が含みを持たせたものだった分だけ、ミハエルは(ミカの分も)鈴鹿では鮮やかに勝利してファンに別れを告げてくれるものだと、勝手に期待していたんですね。

結果は勝利ではなくリタイアでしたが、ピットへ戻ってからクルー1人1人に挨拶するミハエルを見ているうちに、なんとなく自分の中でF1の1つの時代に対する区切りがつきました。ミハエルが私の気持ちに整理をつけてくれる日が来ようとは思わなかった(泣笑)。あと1戦、ブラジルの最終戦はミハエルモードで応援しますよっ。

で、前置きが長くなりましたが、本題はプレーオフ第2戦です。昨日は打線が爆発するなんてそぶりもなかったのに、今日は大爆発!「あの、その辺でやめて明日にとっておいては?」と思うほど、容赦なく得点を重ねるホークス。松中とズレータの2連続HRにはしびれました~。ズレータなんてあんな軽く当てたようなスイングでスタンドの一番深いところに運んでしまうんだもの。いつもあんなにブンブン大振りする必要ないじゃんか~。

ということで、明日もテレビで応援です。ホークスの先発は虫垂炎の新垣のかわりに上がってきた寺原。・・・一抹の不安はありますが、いつも上がって来た直後のマウンドは調子がいいので、今回も期待してます。がんばるのだぞ。相手は前回ボッコボコにした西口。今回も油断せずに、きっちり勝って札幌に乗り込みましょう!がんばれホークス!

・・・あ、本題より前置きの方が長かったわ(笑)。

コメント

非公開コメント