FC2ブログ
2005/07/24

オーケストラの職人達/岩城宏之

オーケストラの職人たち
この週末(というか、金/日)マチネとソワレのハシゴをしまして、その空き時間に本屋さんで見つけたのがこの「オーケストラの職人達/岩城宏之著」でございます。著者は有名な指揮者で、どうやら「週間金曜日」に連載されていたものをまとめた本らしいです。

「オーケストラの職人」といっても指揮者や演奏家のことではなく、ここでは裏方さんのお話がほとんど。楽器の運送屋さん、写譜屋さん、ツアー付きのお医者さん、調律師さん、そしてチラシ配りの会社まで。文章も読みやすくて洒脱だし、書いてある内容も面白い。そして「へー!」がいっぱいでした。オケを見る目が変わりそう。

私も中学の時に吹奏楽部にいたので楽器の搬送の大変さは知ってるつもりだったけど、当然吹奏楽部にはハープなんてないから、ハープの移動はどうしているかなんて考えたことなかったよ。持って歩くのは不可能な重さだし、ナイーブな楽器だから手荒な運送はできないし、かといってピアノのように「劇場据え置き」なんて楽器じゃないしね。で、どうしているかということに興味がおありのかたは、ぜひこのご本をお読みください~(笑)。

あれから、ハープの音を聞く度に岩城さんの顔が浮かんでしまっております。

コメント

非公開コメント