FC2ブログ
2006/10/28

小説「かもめ食堂」

かもめ食堂

雀坊堂に借りた「かもめ食堂」群ようこ を読みました。

「The Other Side of 映画」と思って読むのが一番楽しめる気がします。作品の空気感や登場人物の本質は小説からしっかり受け継がれていて、ただ描かれている部分が違うだけ(もちろん同じエピソードもいっぱいありますが)。作品の空気感をしっかり描く、その事が映画化に当たって一番大事なことだったと思うの。

登場人物同士の距離感が心地よいんです。助け合うようにして暮らしてはいるけど、「個人」であることを尊重しあっているのね。大人の友情っていうか。そして個人としてのそれぞれが、肩肘張らず出来る範囲で自立している清々しさがあります。大変なコトはそれぞれ抱えているけれど、そこに埋もれてしまわない強さ、かなぁ。

ということで、「かもめ食堂」は映画/小説とも時々見たい(読みたい)作品になりました。

コメント

非公開コメント