FC2ブログ
2006/05/28

モナコの王子

レーニエ大公がご逝去されて、去年のモナコGPは追悼式典か何かの関係でアルベール2世始め公族方は出席されなかったんですよね。なので、今年のF1でアルベール2世は一国の主として初登場。いきなり自分で車を運転してのパレードにはニヤリとしてしまいました。ホントこの人ってアクティブだよねー。冬季五輪にボブスレー選手として出場するだけでなく、犬ぞりで北極点まで行ってみたり。

という訳で、表彰台でもめちゃくちゃ嬉しそうなアルベール2世。しかしっ、私の目はもちろんその後方に釘付け。モナコといえば超美形で有名な王子、アンドレア王子とピエール王子がいるじゃなーい。キャロライン王女のご子息、レーニエ大公とグレース王妃の孫に当たるのですが、2人ともサングラス姿で、麗しいお顔が見られず残念。表彰式そっちのけで後ろの2人を見てました(笑)。「アロンソ邪魔!」と叫んだのは私です。

この2人についてご存知ない方は「モナコの王子」で検索を。ゴーロゴロ美しいお顔の画像が出てきます。

コメント

非公開コメント

右に同じでーす!

お仲間~(笑)