FC2ブログ
2006/06/03

マダムだもの

結局昨夜は3時過ぎでした。「わたしのマトカ」後半は、けっこう泣けました。淡々と素朴なフィンランド人との交流を書いているだけなのに、私の涙腺は一体何に反応したんだ?

今朝(昼)、(だ)に「もう読んじゃった。泣けた」と一言述べたら、「ええ?」と驚かれた(^^;) そして「これも読む?」と小林聡美の「マダムだもの」を手渡された。たぶん次は「かもめ食堂」原作本を手渡されると思うのだが、原作は映画見た後がいいなー(笑)

小林聡美のエッセイは「ラ ヴィ ド トランタン」に連載されていたものだと思うが、そうだなー、多分こういう分厚くて重くて紙の質もよさげなファッション誌の一角にあるのにちょうどいい文面。ゴージャスな懐石料理の最後に、真っ白いご飯とお味噌汁と一緒に差し出されたお漬け物みたいな位置づけとしてのエッセイ、という気がする。

でも、私としては、ちょっと共感を持ってしまったのでした。へへ。

コメント

非公開コメント