FC2ブログ
2006/02/17

マイ・フィギュア・スケート・アルバム

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060217-00000007-sph-ent

アルバムには、村主章枝(25)、安藤美姫(18)、高橋大輔(19)ら男女4人の五輪代表選手をはじめ、年齢制限で五輪出場を逃した“幻の金メダリスト”浅田真央(15)や、昨年のアジア選手権優勝の中野友加里(20)ら計8人のショートプログラム、フリー、エキシビションの演技曲が計13曲。荒川静香(24)が五輪直前に変更した楽曲も収録されている。


とのこと。amazonにも商品ページができてました。

今朝方の男子フィギュア フリーはハイビジョンを録画予約しておいたのですが、7時20分まで入れておいたら、ちょうど表彰式が始まる瞬間に録画停止していましたよ(号泣)。BS1で録っておくべきだったか・・・。プルシェンコは別格でしたね。表現力もパの繋ぎも技の美しさもあって、4年前の繊細さにダイナミックさが加わって無敵の美でした。念願のオリンピック金メダルがとれてよかったよかった。正面から見るとまだ美しい青年ですが、横顔は「ロシア男の風格」が漂ってきてたね(笑)。

SPは(プルシェンコは置いといて)ジョニー・ウェアの「瀕死の白鳥」が一番好みだったけど、フリーはちょっと失速してしまい残念。同じアメリカのライザチェクの方が勢いもあったし表現力もあったような。どっちにしても、バレエやっても上手そうな表現力があってかわいくてスタイルのいいコがいいわん(^^;) そういえば、若い頃のミカを思わせるよーなコがいたよね。ちょっとドキドキしました(笑)。

曲も「ロミオとジュリエット」とか「スパルタクス」とか、バレエ音楽を使った演技の方に魅力を感じてしまう・・・のは習性。

コメント

非公開コメント