FC2ブログ
2019/10/17

台風19号

台風19号、大変なことになりましたね。爪痕の大きさなどという言葉では言い尽くせない甚大な被害に、言葉もありません。被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、できる範囲の手助けをしていきたいと思っています。

我が家には幸運なことに被害はありませんでしたが、うちの自治体も警戒レベル4となり、ちょっとビビりました。避難指示の対象は浸水や土砂災害の危険があるエリアだけだったので、歩いていけるようなところに避難所が開設されるようなこともなく「あ、うちは大丈夫ってことよね」と。ただ、台風がものすごく近づいてから近くの避難所が1カ所追加されたのですが、そのタイミングでは外に出る方が危険という。

アクセスが集中するから役所のサイトも近くの川の水量を表示する東京都建設局のページも全然見られなかったし…いざという時に見られないのでは意味がないし不安を煽ることでもあるので、これはどうにかしてほしいなーと。でも、役所に関してはtwitterでも(少々のタイムラグはあるものの)情報のスクリーンショットつきで投稿があったので助かりました。


東日本大震災以降、非常食などいざという時に使うものは用意してはいるのですが、それは自宅でライフライン切断でも数日いられるためのもの。非常用持ち出し袋はまだ手付かずのままだったので、避難準備くらいはしておくべきかと慌てて準備し始めました(←遅い)。でも、参考のためにと以前プリントアウトしておいた持ち出し袋情報は地震被害前提のもので、台風被害とは内容が変わってくるな、と。ぼんやり準備してたのとは全然違うわ!と反省しました。

たぶん、緊急性の高い地震や火事用の持ち出し袋を前提として準備しておいて、台風など事前に準備期間が取れる時は内容を入れ替えて早めに行動、ということですよね。身の回りのものについては旅行の荷物とある程度ダブるので、それらと一緒のところにまとめておければよいのかも。

今回は、懐中電灯や電気ランタンなどを手元に準備し、早くお風呂に入って夕飯も早めにすませ、多めに炊いたごはんでおにぎりを用意(雀さん担当のでかいヤツ)、という感じでした。ライフラインが止まるのが一番の心配だったので。慌てて詰め込んだ持ち出し袋は、そういうわけで必要のないものまで詰め込んで重くなり(汗)、テレビの情報を見ているうちに雨のピークは去ったので、荷物をバラして解散、ということになったのでした。おにぎりも翌日美味しくいただきました。

ハザードマップを見ても、うちは水害土砂災害はたぶん大丈夫なんだけど、日頃から準備相談しておくことは大切だと認識しました。それぞれが手分けして迅速に準備できるようでないとね。

そういえば、88年か90年にF1鈴鹿に行った時に買ったラジオ、久しぶりに出したらイヤホンが加水分解でベトベトでした(笑)。iPodのイヤホンでももちろん聞けるんだけど、イヤホンコードがアンテナを兼ねるタイプだったので、あまり聞こえはよくなかったわ。さすがに新しいの買ったほうがいいかな…30年前のだもんね。

コメント

非公開コメント