FC2ブログ
2000/12/10

Viva! Seoul:その1

ブログに移行する前のwebサイトにのせていたソウル旅行記です。2000年のことなので今更情報も古いですが、せっかくなのでブログに移してしまいます。

- - - - - - - -

vivaseoul.jpg

ちょっと早い結婚2周年記念というか、私のゾロメ記念というか(笑)、鈴鹿のF1に行けなかった代替え案というか、しばらく海外旅行なんて行けないかもっていう覚悟を決めるため、というか(長い!)。ホントはダンナの勤続10年休暇1週間と旅行券3万円が会社から出たからなんですが、理由は、まあいっか(え?)

結婚した時から「来るべき勤続10年休暇」は話題になっていて、最初は「じゃあヨーロッパにF1でも見にいっちゃおうか?」なーんて話もあったんですが、2人の体力と予算を考えると「やっぱアジアが妥当みたい」と。それなら食べ物が美味しくて、リーズナブルで、面白い写真もとれそうな韓国に決まり!

そんなこんなで、2000年11月26日からソウル3泊4日旅行に行ってきました。

たった3泊4日プラス1日だってのに、豪州旅行記並みに長い旅行記になるのは確実。ですが、長すぎるからといって私の文才のなさを責めないでください。全部承知で「しょーがないなぁ、読んだるわ」という広い心を持って読んでいただきたいものです。暇で暇でしょうがない、そんなお時間があればおつきあいくださいませ。

序章 - でもいきなり長い -

11月末というのは、ソウル旅行のパッケージが安くなる時期らしい。実際安い。冬のソウルは、日本よりずーっと寒さが厳しくて、きっとそのせいもあってツアー料金もお手頃なんだろうと思う。もちろん私たちも、そういう「お手頃さ」を狙ったわけだ。寒さに対して一抹の不安を抱きながらも、ね。

でもって、10月に入って(だ)の組織変更が確定し、休暇の申請をすると同時に目を付けてたツアーを申し込んだのだけど、「満席で締め切りました」なんてつれない返事をもらってしまった。焦る私たち。え、ソウルって流行りなのぉ??そういや、婦人雑誌で「ソウルでお買い物!」みたいな特集、最近よく見るかも。

しかし、ここでメゲてはいられない。(だ)がパンフを持ってきてくれた別のツアーに申し込むと、偶然2席だけ空いていたということで、ようやくブッキング完了。しかし、人気あるんだねぇ。ソウルを甘くみていた私たちが間違ってました、ごめんなさい。後になって新聞やらwebやらを気をつけて見ていると、確かに「ソウル−成田」路線は、満席が続く「足りない」路線らしいのだ。羽田−ソウル路線が認可になったって、出発前日くらいに新聞で見たけど(ワールドカップ対策?)、羽田から行けると更に楽だよなぁ。

申し込んだツアーは、かなり満足度の高い設定になっている。午前便出発の午後便帰着でJALかJASがデフォルトだし、あの鬱陶しい「到着日市内観光+おみやげ店まわり」がないのだ。(もちろん、希望すればつれてってくれるけど)

キャリアはJAL、ホテルは少々追加料金を払って、アクセスのよいロッテホテル新館指定で決定。言葉の心配がいらないし、免税店もデパートもあるもんねー。ホテル指定+1日延泊して、ツアー料金は1人辺り59800円也。更に朝早い便なので、空港から遠い我が家としては当然(?)成田で前泊。それが1人7000円弱。けっこういい旅行代金になってきた。


そこまで決まれば、あとはガイドブックや情報サイトでソウルの情報収集。新婚旅行でオーストラリアに行ったときは、行きたいところや現地に関する知識など何も仕入れずに行ったことをとっても悔やんだので(忙しくてそれどころじゃなかったし)今回はがんばって勉強して行くつもりなのだ。

で、事前情報収集に強い力を発揮したのは、ガイドブックよりもソウル情報サイトの数々だった。特に私がほぼ毎日のように見ていたのがSEOUL NAVI。エステやレストラン、オプショナルツアー、ホテルまで予約代行してくれるし、体験レポートとかも豊富でいろんなお店を比較するのに助かった。エステと「これは!」というレストランをソウルナビで予約をお願いして準備万端整った11月26日(日)の夕方、私たちは大きなスーツケース1つを転がして成田へ向かったのだった。

コメント

非公開コメント