FC2ブログ
2005/10/25

R118+3旅行記:その6

2日目、喜多方観光へと続きます。

せっかく会津まで行ったなら、やっぱり喜多方にも行かないとね。普段はラーメン自粛中の我が家も、今日だけは解禁です(笑)。まずはナビに「蔵の里」という市街からちょっと離れたところをセット。というか、私がその近くの桐の博物館の物販スペースに行きたかっただけなんですけど。なのに、ナビったらぜーんぜん見当違いの場所に私たちを連れて行ってくれちゃって。どうやら移転でもしたのか、それとも事務所ある場所なのか、、、とにかくただっぴろい田んぼのど真ん中で「目的地周辺です。運転お疲れさまでした〜♪」とか言うんだもん。とんだ回り道をしてしまいました。

結局蔵の里にはたどり着いたけど、それよりは市街で蔵を巡ったほうが楽しいだろうということで、桐の博物館へ直行。館内禁煙とか書いてありながら、事務室でおじさんがタバコ吸ってました(笑)。入場料1人500円。中は2階建てで、まぁこんなものでしょーね。桐製品のいろいろはおもしろかったですが、我が家的に一番盛り上がったのは桐のいろんな下駄を実際に履いてみられるコーナーでした。まぁ私はストッキングはいてたからひっかけただけだけど、さらっと見るだけのつもりが意外と時間をとってしまったかな。

まぁ、個人的には物産コーナーだけでもじゅうぶん楽しかったと思います(笑)。その物産コーナーで、木製漆器のお盆とどんぶりを買いました。桐下駄の「女性用大きいサイズ」にもかなり惹かれましたが、今回はやめ。会計にかなり待たされたこともあって、ここでもけっこう時間を使ってしまったような。

大満足したところで、喜多方市街散策のために観光案内所併設の駐車場へ。300円なり。その観光案内所で、喜多方の蔵マップとラーメンマップ、それとクーポン券がいっぱいついたパンフをもらいました。そのクーポン券の中には、昨日から私たちが訪れたいろんな施設も出ていてショック〜。いやぁ、どこかにそういうものがあるだろうとは思っていたし、先にwebで調べておけばきっと割引券なんていたる所に転がっていたと思うんですよね。でも事前にどこに行くかとか、全然決められなかったからさー。今回はそういう意味で、かなり準備不足だったような。でもとりあえず今回は「せっかく大盤振る舞いの旅なんだから、細かいこと言うのはやめよう!」ということに(笑)。

a_25.jpg a_26.jpg
左:縞柿の蔵屋敷/若喜昭和館。れんが造りの蔵
右:ええと、これはどこを撮ったんだっけ・・・

a_27.jpg a_28.jpg a_29.jpg
3枚とも清川酒造さんで。酒蔵の中を無料で解放されているので見てきました。

そしたらなんと、こんな方のお写真まで!↓

a_30.jpg
ちぇっ、自分の影が映り込んじゃいました(泣)

a_31.jpg
まだほんの少し見て歩いただけだというのに、蔵に食傷気味になってきた私たち。というか、お腹空いた。暑い。ということで、ラーメンたーいむ。私はその方面は疎いので雀坊堂にお店は一任。なのに全く面白みのない路地を通らされてむっとする私。まったくずうずうしい。反省しています(汗)。

で、坂内食堂の前まで行って様子を見てから(ここは雀坊堂が「本店は見てみたいけど、わざわざ喜多方で食べたいと思わない」ときっぱり言っていたので入らないと思っていたのだ)、結局まこと食堂へ入りました。まこと食堂へ行く道で、2階建ての観光馬車とすれ違ったよ。大きくてどっしりした馬が、蔵の形をした2階建ての客車を引いているのです。働き者の馬だねー。お客さんは誰も乗っていなかったけど。

a_32.jpg
オーダーしたのは、雀坊堂がチャーシューメン、私が中華そば。でも、チャーシュー4枚くらい恵んでくれました(笑)。私は味がわかるほどラーメンは食べていないのだけど、こちらのはとても美味しかったです。特にスープ。豚骨と煮干しベースの醤油スープなんですって。満足してお店を後にしました。やれやれ、次にラーメンを食べられるのはいつかなぁ。

ちなみに家に帰ってからガイドブックとラーメンマップを見比べたところ、最初に雀坊堂が「ここはどうだろう?」と連れていってくれたお店「あべ食堂」さんも美味しいらしいです。ごめんね、そこでもよかったね。更に反省(大汗)。

コメント

非公開コメント