FC2ブログ
2005/10/25

R118+3旅行記:その4

1日目、夕ご飯についてです。

a_11.jpg
大慌てでお食事どころへ。こちらは部屋食ではなく半個室のスペースでのお食事。そして面白いことに、できたてを運んでくださるお手前料理とダイニングスタイルが両方楽しめます。写真は個室から手だけ伸ばしてバイキング方面を撮ったところ。手前のほんの一部しか撮れませんでしたが、大皿がたくさんと6つのかまどが控えております。

バイキング形式は全部食べないと気が済まない雀坊堂には危険だろうかと思ったりもしたんだけど、まぁやっぱり思った通りというか(笑)。とはいえ、私は最初のサラダをとってきたきりで、後は雀坊堂がいそいそと取ってきてくれるお料理にひたすら舌鼓を打っていただけ。この日のために「摂取過多なカロリーを吸収してくれる」という眉唾もののタブレットを用意したので、そちらを信じることにして食べたいだけ食べちゃいました。

しかしなんと言ってもお手前料理が見事でしたー。ここより豪華なところもいっぱいあるだろうけど、値段を考えれば十分だと思うな。おまけに器が素敵で目の保養にもなりました。給仕してくださった方に料理と器両方をほめまくってしまったもん。そして、給仕してくれた方もとても素敵な方でした。お酒が入ってブレまくったり撮り損ねたりしていますが、一部をご紹介〜♪

a_12.jpg a_13.jpg
左:前菜。生湯葉/海老/巻貝/伏見唐辛子/サーモン千種巻
右:お造り。刺身盛り合わせ、妻一式

a_14.jpg a_15.jpg
左:揚げ物。海老真丈、茶巾絞り揚
右:酢の物。ホタテとべったら漬けの梅肉あん

a_16.jpg a_17.jpg
左:焼物。牛肉と茄子の挟み焼
右:日本酒。「末廣」

a_18.jpg a_19.jpg
左:水菓子。メロン、ピオーネ
右:個室の明かり

食前酒の桃酒がとっても美味でした。先付の「春菊としめじのお浸し」は、私が春菊嫌いなので食べられず。もちろんメロンも。あ、でもメロンはトライしてみたんだよー。食べた瞬間に後悔しましたが。どちらも雀坊堂に上納しましたわ。あとはどれも本当に美味しく、意外な素材の組み合わせなども楽しめました。特にホタテとべったら漬けの梅肉あんと牛肉と茄子のはさみ焼きは絶品。牛肉は味噌漬けにしてあってとっろとろ。茄子もどうしたらこんなにやわらかくふっくらと焼けるんだろう?と不思議なくらい。付け合わせに根生姜とシソがついていることからおわかりいただける通り、かなりこってりした味付。でも、ぺろっと平らげちゃいました。高カロリーのものって、どうしてこんなに美味しいんだろうね(笑)。

もちろんこの他にもお手前料理がいくつか。そして雀坊堂がとってきてくれた郷土料理のいろいろもしっかり堪能して、食べ過ぎました。さすがに雀坊堂も全種類は制覇できなかったみたいだよ(笑)。すっかり満足して部屋へ戻り、うとうとした後にまたお風呂。ホントに極楽じゃー。

コメント

非公開コメント