FC2ブログ
2018/11/04

ホークス日本一!

ホークス、よく頑張りました!日本シリーズに到るまで怪我人が続出する苦しいシーズンでしたが、若手や助っ人がそれをカバーする活躍を見せ、まさに死力を尽くす戦いでリーグ2位に。CSファイナルステージでは、山賊打線との打ち合いを制し、チーム史上初の下克上へ。セリーグチャンピオン広島との試合も厳しいものでしたが、流れを渡さない戦いぶりが徹底していたのがホークスだったと思う。今年も工藤監督の胴上げを見せてもらえることができました。

捕殺のシリーズ日本記録を作った甲斐選手がシリーズMVPをとったのは凄いですよね。守備での貢献でMVPって初めてじゃないだろうか。リード面ではまだ物足りなさもあるけれど、この2年間での成長はものすごいものがあります。甲斐キャノンも一気に全国区だね!


振り返ってみれば、怪我人続出の中でやりくりしてなんとか戦い抜いた経験が、CSや日本シリーズという短期決戦で使える選手たちの胆力、そして首脳陣の思い切った戦略と選手たちへの信頼を培ったのかも。思うように順位が上がらずチームの士気が下がりそうなところで、監督と選手たちとの腹を割った話し合いがうまく作用もしたのでしょうし、その時期のチームの光だった牧原選手の活躍も大きかったと思います。マッキー早く怪我治してね。

一人も規定投球回に達しなかったという投手事情と中継ぎ酷使を考えると、来年の彼らの肩が本当に心配だけれど、しっかりケアして十分休息をとり、来年も頑張って欲しいです。

ぎーちゃんが念願の「広島との日本シリーズでマツダスタジアムに両親を呼ぶ」ことができ、日本一になれたのもよかった。しかも選手会長として、だもんね。ビール掛けの締めの挨拶に忽然と消えていたのはご愛嬌(寒すぎて部屋でお風呂に入っていたらしい)。


しかし、歓喜の翌日に一気に現実がやってくるのも去年と同じです。達川ヘッドコーチと水上コーチの退団、摂津投手、五十嵐投手、寺原投手、笠原投手、張本選手、吉村選手、茶谷選手、そして城所選手の戦力外が伝わってきていますね…。多分チームはスタッフなどその後のキャリアの提案もしたと思うのです。でも現役にこだわる選手たちは放出せざるを得ない…。今年は支配下ギリギリの選手を保有していたホークス、ドラフトで新しい選手もとっていますし、追加の戦力外や引退があるのはわかってはいたけれど…やっぱり悲しいです。故障を抱えているとはいえ、寺原が入っていたのは本当にショック…。せめて現役続行希望の選手たちに活躍の機会が与えられますように。応援しています。

コメント

非公開コメント