2017/06/20

rehabと不用品処分

だいぶ久しぶりになってしまいました。膝の方は5月にレントゲンを撮った時にはかなり綺麗にくっついているとのことで、8月にもう1度受診して問題なければ通院はおしまい、の予定です。

後は筋力と柔軟性なのですが、こちらはまだ元どおりというわけにはいかず。一番わかりやすく戻ってないのが階段昇降と正座ですけど、普通の靴を履くようになってびっくりしたのが、靴すらうまく履けなかったこと。足の筋肉が落ちてたからですかねー、靴の中に足を入れていくという普段なら何でもない動作がうまくできないのかと。

今もハードな筋トレとかはしてなくて、柔軟とかバランスボールに座りながらとか、そんな感じでやっております。怪我した方の膝の曲げ伸ばしでガキゴキ音がするのが嫌でねぇ。でもやらないとどうにもならないから非力なりに。それでも少しずつ階段降りるのがスムーズになってきたりと効果はあるのかな、と。

今の所、電車やバスに乗るときはできればまだ座って移動したいのでルートと時間帯は気にしています。元々、1年はかかる怪我だと言われているので焦らずにやっていく所存。

とはいえ、ナビ派、シャセリオー、ミュシャは会期終了間際にちゃんと見にいくことができましたし、雀さんと温泉旅行にも行ってきました。このあたりは後日何か書ければと。


動けない間に高まった掃除欲というか整理整頓欲が薄れないうちに、数ヶ月遅れの大掃除とか不用品処分にも着手。GW中にあれこれまとめて、雀さんに車出してもらって履かない靴は近くのチヨダで下取りキャンペーンに、他の諸々は自治体の処分場へ持ち込みました。すっきりしたよー。

ただ、怪我の間お世話になったトーマス(装具)は、まだ処分できませんでした(笑)。もう使わないだろうとは思うのだけど、それなりに高価だったというのもあるし、完治と言われるまでは、っていう心理もあるのかな。同様に、装具と一緒に買った片足だけ厚底のスニーカーも処分できず、装具と一緒に天袋に。次回の断捨離の時にはきっと処分することでしょう。


大きなスペースを占めていた写真の整理も終わらせました。選別して減らしてねと母から託された子供の頃の写真は、母がフエルアルバムに整理してくれたのを感謝しながら剥がして整理。直近の分まで入れても、かなりコンパクトになりました。でもきっと、あと5年後に見たら、もっと減らせる気もする。

デジカメ写真も選別してプリントを少しだけアルバムにまとめるのが、今のところまだ私にはしっくりくるかなー。ブログに旅行記書いて写真を添えるのも楽しいから続けたいけど、それとアルバムは別だし、iPhoto的なアプリもアルバムの置き換えとしては考えられない…つかクリックするの面倒臭い(笑)。

アルバムは全てSEKISEIのカケルアルバムに統一しました。レフィルが色々あって、L版KG版ポストカードサイズに(六つ切は無理だけど)集合写真も収まります。ケース付きでA4が入る棚ならOKだし、あまり1冊が重いと持つのが大変になってくるから、収納量もこれくらいが私には良いのです。

SEKISEI アルバム ポケット カケルアルバム バインダー式 Lサイズ 120枚収容 L 101~150枚 レッド XD-120LP
SEKISEI アルバム ポケット カケルアルバム バインダー式 Lサイズ 120枚収容 L 101~150枚 レッド XD-120LP

元々は、結婚式の二次会で皆さんに写ってもらったポラロイドを入れるレフィルを探してたどり着いたアルバムで、その時からでも18年くらいは軽くロングセラー。今後も末長く出し続けてくれると良いなぁと思います。さてさて、あとアルバム何冊分の人生が待っているのかしらね。

卒アルも全て処分する位の勢いで着手したのですが、捨てる前にと見直したところ、小学校以外は今見ても割と笑顔になってしまうので…結局処分は先送りに。アルバム全体の量が減ったからこそ、ですけれども。雀さんの卒アルも一緒に見せてもらったりして、面白かったです。たまにはいいね。


そんな感じで長く懸案事項だった納戸と寝室の収納が少し前進して、ほっとしました。もうひと押しのアイデアが降りてこないので、あとは使いながら考えて手を入れていければいいかな。

コメント

非公開コメント

No title

順調に良くなられているようですね。

ワタシは4月一日の出勤時に、

こけました。

人にこけないように言っておいて、
こけました。子供のように。
ズボンと婆パッチの膝部分がパックリ破れ、
血だらけで出勤。
まだまだバランス悪し、ですね。
まあほんとに、ダメージでかいですわ。
靭帯の治療は保留のままなので、
いよいよ…か、と思いましたが、
なんとかセーフでした。
くれぐれもご注意を。

Re: No title

ぎゃー、ぱくちーさん大丈夫ですか?血だらけ大変...!
外傷以外に大きなダメージはなかったのなら良いのですが。。。

私のような怪我から時間が経たない者はまだおっかなびっくりですが、
特に通勤時は混雑もあって危険度が高くなりがち。油断せずお気をつけて、どうぞお大事に。

No title

ありがとうございます。
骨も靭帯も大丈夫だったようです。
こけるのって想像以上にダメージ大なので、
お知らせしておこうと思いまして。

事故から9年経とうとしていますが、
ようやく脚立の上り下りが出来るようになりました。
そうして!元主治医が医師に戻られたかもしれないというサプライズ(?)もあり、
うははは♪です。

どうぞ、ゆっくり前進してくださいませね。

Re: No title

骨も靭帯も大丈夫と伺って少し安心しました。
そうですね、私も気をつけます。ありがとうございます。
ゴツい靴しか履かなくなりました…。

時間とともにできることが増えていくというのも、希望の光です。
めげずに頑張ります!

元主治医の先生は医師を離れられていたのですか?お戻りになられたとなると
何かの折にお会いできることもありそうですね。積もる話がたくさんありそう。

No title

若い女医でとても優秀な方でした。
人間も良くて、大人気な先生だったのに、
あっさり退職され、経営学を学ぶ学生に。
膝の靭帯も、他の諸々の不調も先生頼みだったんです。
先日ひょんなことで、整形の雑誌に論文が掲載されていてびっくりしました。

良い先生に出会うのも運ですよね。
戻って来てほしいな~。

Re: No title

なるほどそういうことでしたか。細かく突っ込んでしまい申し訳ありませんっ。
優秀で人望が厚くて視野も広いなんて最高な先生ですね。
主治医との縁は本当に大切だと思います。戻ってきてくださると良いですね。