FC2ブログ
2017/03/22

ぷらとー4

まだつづいております。

■〜33日
ギプスフリーとなり念願の入浴許可が下りたので、帰宅後早速お風呂へ!この時期は、バスタブで暖まってからお湯を抜いて浴室内で身体を洗う、旅先のホテル形式でした(それが一番安全だし、お湯もね…)。ロール式の風呂蓋をあげてもらうのと入浴後の浴室内掃除はまだ自分ではできないので助けてもらいましたが、それ以外は自分一人で大丈夫になりました。

(追記)コメントのやりとりの際に思い出したので、追記しておきます。まだ体重が掛けられず足もあまり曲がらないという不安定な状態だったので(お風呂場は滑りますしね…気をつけませんと)、最初の頃は、バスタブで暖まったらお湯を抜く前に湯船の中で柄付きのボディブラシで足をマッサージしつつコシコシ(ゴシゴシほどではなく、というニュアンスを分かってね!)してました。これがとっても気持ちよかった。

古い角質を落とすとなるとすぐに思い浮かんだのはスクラブで、普段週一で使っているものを使ってみたり。でも、ふと思いついて、ボディソープの泡に(使わずしまい込んでいた)酵素洗顔の粉を振って使ってみたら、意外とよくて。あ、これは角質溶けてくれるかも?溶けますように!と念じて使っておりました。劇的な効果があったわけではないのですが、刺激もないし洗い上がりの感じがよいので、その後も時々使うようになりました。

あとボディミルクを代謝を促進してくれそうな尿素入りのものにしたりも。濃厚なテクスチュアなので、夏場は重いだろうけど、時期的にはこれもよい感じでした。垢が残っていた頃もコレ塗るとある程度落ち着いてたと思う。入浴剤も、冬場はいつも温素というアルカリ温泉成分のを好んで使っているので、きっとこれも代謝にうまく作用してくれたハズ。。


右膝下のむくみはなかなか治らず、サリーちゃんの足状態が続きました。足の甲に浮き上がるハズの筋は親指の筋以外は埋没してるし、くるぶしも埋没。お風呂とアルニカオイルのマッサージなどで少しずつ改善はしていたけど、1日が終わる頃には元通りなんだよね。ふと思い立ってふくらはぎまでの着圧ソックスをはいて寝てみたけど一晩くらいでは効果なかったわ。次の通院時までに改善しなかったら先生に医療用着圧ソックスは効果ありますか?って聞こうと思ってたけど、その頃には少しマシになってたと思う。

凝り固まった関節をほぐすストレッチの日々ですが、まだ1月で寒かったのでホットパックも活用しました。バレエ映像やプロ野球のキャンプ中継、あるいは読書やスマホでも何でもいいんですが、意識がほどよく膝から離れる「ながら」が捗った印象。でもこの期間の膝は直角プラスα程度しか曲がらなかった。

リハビリしてない時は、膝をしばらく同じ角度のままにしておくと固まって痛くなるので、そうなると慌てて曲げたり伸ばしたり。寝る時の右足のポジションもしばらくは難しくて、まだ真っ直ぐには伸ばせなかったから薄い枕を入れて調整したり。そして寝ているうちに筋が固まって目が覚めるので布団の中でもぞもぞ曲げ伸ばしをするのですが、それで痛みが出たり。つらかったので、骨折直後に処方された痛み止めを数日飲んだりもしました。

あと、怪我とは直接関係ないのですが、この頃から胃の調子が悪くて(食べると胃がダル痛くなる)胃薬が欠かせなくなってました。おそらく、中食が続いたことによる塩分過多ではなかったかと今は思います。母も雀さんも、ものすごくがんばってくれていたけど、どうしても平日の食事は中食頼りになるので。

■33日後
前回通院から1週間、怪我からはほぼ1ヶ月。型どりした装具が出来上がり、これで患部に荷重することなく歩けるようになりました。油断するとというか、歩き方によっては足が床に着いてしまうこともあるので、それだけは気をつけて、とやはり言われる訳ですが。ちょうどいい高さに調整をしてもらいつつ装具で歩く練習をして、主治医にもちょっと見てもらって帰宅。

黒い装具とはいえ、右足全体をカバーするものものしい装具を付け、上げ底(装具側にあわせて、怪我してない方の足に5センチほどの厚底靴を履くのです)170cm強の私が松葉杖でよたよたと歩く姿は目を惹くらしく(笑)待合室の患者さんたちが一斉にこっちを見たのが恥ずかしかった…。

それと、この日は母の付き添いでタクシーだったのですが、装具でタクシー乗り降りするのはギプスの比ではない大変さでした…。付き添いがいるなら往復時は装具外して持ってもらった方が楽かも。

■〜54日
この装具、トーマス型というそうなので、愛称はトーマスで。
トーマスと聞いて雀さんが思い浮かべるトーマスと、私が思い浮かべるトーマスは全く違う(笑)。

トーマスはトイレに行く前には外さなければいけないし、装着したまま椅子に座っていると、あっという間に足がしびれてきます。だから、ずっと家の中にいる人にとっては、けっこう面倒な代物で。着けてあるかないと治らないと思ってがんばってたけど、最初の頃は本当に面倒でねぇ。

でも、装具ありだと家の中なら片松葉杖で済むようになったのは楽でした。食器や洗濯カゴや掃除機を持てるようになるって事だもの。プラキャスターワゴンなどを使いつつ、家事にも少しずつ復帰。
自分で出来る事が少しずつ増えていくのは精神衛生上大変によろしい、ものでございます。

ただ、立っている時間が長くなったので、むくみが再発…。装具とセットで買った厚底靴は室内で履くのは抵抗があったので、厚底スリッパを買ってみました。安定感があって転ぶ心配はありませんでしたが、ヒールが高いのでしばらく歩くと足先の方がきつくなってきます。履き心地も固い。どちらにしろこの頃は長時間装具をつけて家事をする事はできなかたので、困るほどではありませんでした。それより装具でスムーズに歩ける高さのスリッパがあるものだなぁと。

■54日後
レントゲンの結果、骨はつきつつあるようなので、1/2荷重にしましょうということに。骨というのはある程度ついてきたら荷重した方が治りが早いそうですね。装具士さんに装具を調整してもらい、今まで宙に浮いてた足を床につけて歩けるようになりました。厚底スリッパは引き続き継続。

コメント

非公開コメント

No title

お風呂、幸せですよね。
1か月の入院中(無理やり退院しました)入浴が出来ないので、ベッドごと移動で、シャンプーを数回していただきました。夏…。

退院後しばらくシャワーのみでした。
おっそろしい程の垢!垢太郎ができますよ、きっと。
足の甲を手で持つと、指の型が残ったなあ。

ゆうさんと身長が同じなので、
自分に置き換えて拝読しましたよ。

Re: No title

ぱくちーさん。
お風呂は本当に幸せですね。入浴できない間のシャンプー問題は、本当に深刻です。
そして、無理矢理退院とかさらっと書いてくるぱくちーさん…。

垢もね…やっぱり骨折した人はみなさん大変ですよね。
ギプスを外したあとは私もすごくて、洗顔用の酵素パウダーをお風呂場に持ち込んで、それで洗ったりしました。溶けろーって(笑)。

やはりぱくちーさんも足はむくんだんですね。これって筋肉が復活するまでは仕方ないのかな。今も、しばらく椅子に座った後などは、右足だけ薄く赤紫になってたりします。慌てて動かすんですけど。

> ゆうさんと身長が同じなので、
あら!お仲間がいて嬉しい♪

No title

酵素パウダー!
ああ、やっぱり後で折りたかったです。
2~3か月入院なんて出来ませんもの。
仕事がなくなったら、入院費払えませんからと、毎日頼み込んで勝ち取りました。

むくみはやはり筋肉の都合ですかね。
しばらくは脚を高くしてましたね。
偉そうな恰好で仕事していました。

実は膝の靭帯には手を付けず、で、
身長が少々縮みました(加齢かもしれません)。

Re: No title

酵素パウダーはよい感じでした。(あとで本文に追加しよう〜)
最初はスクラブにしたのですが、酵素パウダーで洗えば溶ける?と思って。
どちらにしても速攻で効く類ではありませんが、保湿をしっかりすれば、これもアリだなと。
刺激なくさっぱりするので、今もたまにボディソープの泡にふりかけて使ってます。

主治医の先生も、ぱくちーさんなら大丈夫と許可して下さったのでしょうね。
2-3ヶ月入院するところを1ヶ月で出て、お仕事バリバリして、
「ここまで治るのは珍しい」と言わせちゃうとは。
甘えまくって療養した自分が恥ずかしいです。

筋肉ですよね、むくみ。まぁ怪我の前からむくみがちではあったのですが、
ふくらはぎとかハムストリングスを鍛えればいいのかなぁ。
この際だから怪我前より万全を目指すっていうのも楽しいかな?とか(笑)。

> 実は膝の靭帯には手を付けず、で、
またパクチーさん、さらっと…
靱帯もやっかいだと思うのですが…つかホントによく1ヶ月で退院しましたね…