FC2ブログ
2016/01/19

徳島香川旅行01

昨年12月初旬、二泊三日鳴門高松琴平の旅に行ってきました。例によってマイル消費…で、わたくし四国本土(?)初上陸。小豆島は高校の修学旅行で訪れているので香川県に来た事はあるのです。小豆島、、東京から修学旅行先にはあまり選ばないよね。京都と組み合わせる旅行先はアンケートの結果で決まった気がする。

スケジュールとしては、ざっと以下の通り。
1日目:東京→徳島(大塚国際美術館)→高松(夕食・宿泊)
2日目:高松→琴平(金比羅宮・宿泊)
3日目:琴平→高松(栗林公園ほか)→東京


15120400.jpg


初日は交通機関に振り回されました。自宅から羽田までのリムジンが早朝からエグい渋滞にハマったのは予想の範囲内として、徳島行きフライトが標識灯に亀裂が入っているのが見つかったとかで40分ディレイしたのには苦笑い。まぁそれくらいで済んでよかったです。ビジネス観光半々くらいの乗客でほぼ満席だったキャビン内も、のんびりした雰囲気でした。

空港から大塚国際美術館へは1時間に1本の路線バスかタクシー移動となります。遅延の時点で予定していた路線バスに乗れない事は分かっていたので、タクシー利用で。約40分の道中、このエリアが大塚製薬グループの城下町である事を強烈に意識しました。目的地自体大塚の施設ですし(美術館の真ん前には大塚製薬の保養所?もある)、ポカリスエットスタジアムに大塚製薬蹴球部が前身のJ2チームだもんねぇ。大きな大塚倉庫もあったし。

そして自宅を出てから6時間(マジか…)、ようやく大塚国際美術館の巨大な車寄せに到着しました。


15120403.jpg
こちらは大塚国際美術館の1Fレストラン棟から展示棟方面を撮ったもの。例によって特に記述ない限りは全て雀さん撮影です。


…で、その大塚国際美術館の話は長くなりそうなので別に分けますね。当初の予定では、食事と途中抜け出して近くの渦潮見物を見込んで5時間くらいの滞在を見積もっていました。フライトの遅れなどの理由で渦潮見物をカットしたので、結果4時間弱の滞在となったでしょうか。なかなか面白かったです。一度は行ってみてもいいんじゃないかな。



地図を貼ってみました。


高松へは高速バスかJRの移動となりますが、どちらも1時間に1-2本。美術館からはタクシーか路線バスを使います。路線バスも(乗り継ぎがあまり考慮されていない…)1時間に1本だしタクシーは常駐していないしで、公共交通機関利用の場合は移動が大変。時間に余裕を持たせたプランニング必須だと思いました(美術館サイトのアクセス情報はかなりきめ細やかで助かります)。

で、我が家もそのように余裕を持たせた結果、一時間弱の空白ができたなり(笑)。もうお茶もしちゃったし、いらち故この待ち時間が勿体なくてねー。iPhoneで経路検索した結果、タクシーで鳴門駅に移動してJRで徳島まで行き、そこから特急で高松まで行く手があると判明。徳島まで行く分だけ遠回りルートなので、高松着は1時間後のバスと同じ位ではあるのですが、待っているより動く方がいいかーと。


この時点では時間には余裕があるハズだったのに、呼んだタクシーがなかなかこなくて大慌て。運転手さんは間に合いますよーって言ってくれたけど、のんびり走るドライバーさんが多いみたいで最後は運転手さんもけっこう焦っていたのではないだろーか(笑)。結果的には5分前到着で余裕でした。ふー。

もし鳴門駅で跨線橋ダッシュがあったならば「私の事は気にせず先に行って!」って雀さんに置いていかれる覚悟でしたが(笑)、ホームまで階段がないのがわかった時には本当に心から安心した〜。この日一番安心したのはタクシーが電車に間に合った事ではなく階段ダッシュがなかったことだと雀さんに打ち明けたら、大爆笑されたけどな。


鳴門から徳島まではゆったりのんびりローカル線の旅。途中でわんさか乗ってきた高校生たちのおしゃべりが心地よかったです。今回の旅はJR四国は使わないなーと思っていたら予想外に乗る事になり、何となくトクした気分(笑)。むしろ私の方が乗り鉄のケがあるのでした。


徳島駅に着いて特急うずしおに乗る為に指定券を買おうとしたら売り切れ。自由席を買って慌てて既にホームにいる特急に乗車したところ、幸いまだ空席がありました。そもそも指定席自体の数がとても少ないそうですけれど。

金曜日の夕方のせいかビジネスマンの利用がとても多くあっという間に満席になっていたので、もし鳴門から徳島まで来ずに途中駅で乗り換えていたら全く座れなかっただろうと思います。このような事情では高速バスも(予約なし、満席時は乗れない)もしかすると危なかったかも、と思ったり。結果オーライ?(前向き)


高松に到着しホテルにチェックイン。荷物をといて少し休憩ののち、丸亀町三町ドームなどを見にぷらぷら歩いてから雀さんが予約してくれたお店に向かいます。本日は地の物が楽しめる人気の居酒屋「神童ろ(わらじろ)」さんでございます。

海の幸とご当地グルメの骨付鳥を食べられるところ、ということで選んでもらったのですが、ここ凄くよかったですー。お刺身も骨付き鶏も他もみーんな美味しかった。店員さんもテキパキしてて気持ちよかったし、小さな個室を用意していてくれたのでのんびり寛げたし大満足です。大正解でした。調子に乗って食べ過ぎました(だいたい調子に乗っています)。

15120404.jpg


コメント

非公開コメント