FC2ブログ
2016/01/15

大分福岡弾丸

鳴門高松琴平の旅の事を書く前にサクっとこちらを書いちゃいます。
年明け早々に雀さんの出張があり(お疲れさまでした!)、それならば、と以前より行きたいと思っていた場所にひょいっと行って参りました。大分県立美術館、OPAMです。大分出身のバレエダンサー首藤康之さんがこの空間で踊った「踊るミュージアム」というプロモーションビデオ(桐島ローランド撮影)がとても印象的だったのを覚えています。


行く機会があればとと思ってはいたのですが、開催中の開館記念展Vol.2「神々の黄昏」展にクリムトの「ヌーダ・ヴェリタス」が来ていると知って「ウィーン行くより安い!マイル使う!」と突然その気に。

クリムトの為だけに、と思わなくもなかったけど、結果的には見てとてもよかったです。東西の女神が大分で出会う、というコンセプトが思っていた以上に刺激的でした。近県在住ならもう一度行きたかったくらい。たぶん、今後の見方に色んな影響を与えるだろうという展示でした。これについてはまた改めてゆっくり振り返ろうと思います。1月24日まで。

残念だったのは、ちょうどこの日が常設展の展示替えで閉まっていて見られなかった事。コレクション展こそがその美術館の事を教えてくれるので、大分県美と更にお近づきになれる機会を逸してしまったのは惜しかった。大分市美も休館中で寄れなかったし、またいずれ来ます。


調子にのって、ショップで散財。太田旗店とOPAMのコラボによる刺子織りのグッズが素敵でね…散々迷ってポーチを買いました。模様はOPAMの建物のモチーフにもなっている竹工芸の編み目。素敵よね。小鹿田焼の器なんかもあってものすごーく惹かれたのだけど、使いそうなサイズのものがなかったので見送り。小鹿田焼って食洗機やレンジはダメそうかなって思ってたけど、大丈夫なものもあるみたいですね。いつかいい出会いがあったら買いたいなぁ。

16010606.jpg
可愛いのだ。さて、何をいれよう。


県美の設計は坂茂建築設計。サインデザインやカフェの感じも素敵でした。テンション上がって館内で写真撮りまくりましたが、あまり上手く撮れなかった…最近全然撮ってないからねぇ。

16010601.jpg

16010603.jpg

16010605.jpg


ショップのトコに見える巨大な模様つきタマゴはマルセル・ワンダース≪ユーラシアン・ガーデン・スピリット≫のバルーン型オブジェ。触るとゆらゆら揺れるのです。色んなのが1階アトリウムにいました。

16010607.jpg


お向かいにIichikoグランシアターもあるので、バレエなどのシアターイベントとセットでも楽しそうです。駅からは徒歩でも十分イケますが(10-15分くらい?)、今年3月まで県美と市美を経由するワンコイン循環バスが試験運行していて、私はそれを利用しました。平日だし空いていたけど、美術館巡りが目的の私としてはとても使い勝手がよいバスなので今後も平日運行を続けてくれると嬉しいなあ。


大分駅でお弁当と麦酒、ざびえる瑠異沙をゲットして、ソニック号で博多へ移動。大分はまたいずれゆっくりと温泉がてら来るつもりです。

翌日は朝早くに目が覚めてしまったので、予定変更でまず太宰府天満宮へ。早い時間だったのでまだ混んでなくてよい感じでした。お参りして、宝物殿を見てから九博へ。

16010701.jpg

16010702.jpg
雀さんに見せたら「スケール感がわからない」と言われてしまった(笑)。虹のトンネル経由だから裏手からの写真なんですけど、すごーく大きいんだよ。設計は菊竹・久米設計共同体。


九博で見た「黄金のアフガニスタン展」も面白かったです。東京でやっても私はたぶん行かない(興味がない訳ではなく、体力や時間に限りがあるので優先順位からすると外れてしまう…)系なんだけど、また視界が開けた感が。東京展は混雑でじっくりは見られないだろうから、じっくり見て回れてよかったわ。前日見た展示ともこの後に見た展示ともリンクがあったので、余計に心に残っていると感じます。

文化交流展示は、ちょうど韓国の高校生たちの修学旅行かな?とかち合いまして賑やかでした。韓国の女の子たちが手を繋いで歩いてると「やっぱりー」って何か安心する(笑)。新春特別公開で徳川美術館所蔵の国宝「初音の調度」が見られました。これがもう素晴らしくて、例え展示ケース越しでもいつまででも見ていたい感じでした。後ろ髪ひかれつつ退却。

16010703.jpg
山笠がいましたー。


締めくくりに、東京で行き損なったモネ展にも行きました。大濠公園駅から公園内をてくてく歩いて美術館まで。モネ展はけっこう空いていて、オーディオガイドの吹きだまりはあるもののタイミングずらせば独り占めできるレベル。「印象 日の出」に掛け変わったら平日もここまでゆったりは見られないでしょうね。

福岡市美術館のコレクション展がまた面白くて。ちょうどこの美術館のコレクション形成を振り返る展示をやっていて、それが凄く良かったです。これもまた改めて。それにしてもこの美術館、居心地に親しみがあるなーと思ったら前川國男(東京都美術館や東京文化会館で私にはお馴染み)の設計なんですね。納得でした。

16010705.jpg
二階エントランスに上がる途中に草間カボチャ。


空港まで地下鉄一本という福岡空港の利便性は素敵すぎます。せっかく福岡まで行ったのにドームには行けませんでしたが、朝のニュースで普通にホークス情報が流れるのを羨ましく見てきました。また来ます!なんばん往来が美味しすぎました。限定のあまおう味もよかったけど、定番のラズベリーが鉄壁ですね。

コメント

非公開コメント