FC2ブログ
2015/10/27

見た美術展 2015 その3

これは夏の箱根にて。覚え書きもこれで一段落。ホントにアレもコレも見逃して、私ったら。


セザンヌ 近代絵画の父になるまで」ポーラ美術館
15102703.jpg

箱根町大涌谷周辺の噴火警戒レベルが上がってしまった為に、他館から借用していた12点が返却され、かわりにポーラ美術館の所蔵品が加えられてから…の展示を見てきました。元々予定されていた展示ならばセザンヌ濃度も高めで更によかっただろうとは思いますが、ポーラ美術館のセザンヌ9点プラス他のコレクションでこの展示が出来るのも立派。毎回思うことだけど、ホントにどれだけ持ってんねん、と。

そういえば、以前見た時は「油画用のキャンバスにパステルが定着していないから」と硝子ケースの中を見下ろすような展示だったマネの「ベンチにて」は、今回額装で壁掛けでした。

コレクション企画の「じっくり/JIKKURI 04 きいて みる」は、絵画と音。モネ「バラ色のボート」から連想される自然音をもとに、空間全体に響く「背景音」と特定のエリアにだけ聞こえる「近景音」が用意されていて、いつもと違う環境で鑑賞できます。こういうきっかけで知った体験は、その後の絵画鑑賞に意識無意識にかかわらず作用して豊かになっていきますよね。この企画、楽しくて毎回楽しみです。

8月半ばの休日、大涌谷の噴火警戒レベルにかかわらず箱根には人が多かったし、美術館の入館者も多かったのは何よりでした。猛暑の東京から出かけていったら箱根はひんやり涼しい位で天国に思えたわ。


ミュシャとラリック」箱根ラリック美術館
15102706.jpg

いつもはポーラ美だけで帰るのですが、今回は箱根ラリック美術館にも。テレ東「美の巨人たち」で紹介されていた、ミュシャとラリックがサラ・ベルナールの舞台用に制作した冠「ユリ」をメインに据えた特別展「ミュシャとラリック」を見に。

行く前はラリックがメインだろうと思っていましたが、ミュシャの資料もたくさん。嬉しい驚きだったのは、堺市のアルフォンス・ミュシャ館から油画もいくつか来ていて、これは見事でございました。一番最後の部屋に目玉が集結していて、その部屋だけでも十分満足できる程でした。堺のミュシャ館も一度は行きたいのだけどナカナカ遠くてなぁ。。

コメント

非公開コメント