FC2ブログ
2015/08/02

松江弾丸

雀さんのマイルが有効期限直前となったものの本人はそういう時間も取れない…ということで、家族のワタクシめが使わせていただいて弾丸してきました。おかげさまで楽しかったですありがとう。

弾丸前半部分の松江は初訪問だったので、そちらだけメモを残してみます。


写真はお昼にいただいた舞茸天ぷら蕎麦。割子そばが名物、、なのですが、周囲を見ても誰も食べてなかった(笑)。皮まで一緒に挽くという出雲蕎麦は黒くて歯ごたえがありました。おつゆは甘め。そして蕎麦猪口にそば湯が入っていたのが楽しい。美味しかったです。しかもお手頃864円。


15072901.jpg


松江駅からは、市内の観光名所を巡回する「ぐるっと松江レイクライン」バスに乗車。この手の観光巡回バスは乗っているだけで街の雰囲気を知る事が出来て、1日乗車券で観光施設が割引になったりもするのでお得なのですが、意外と時間とルートが合わなくて使えない事も多く。

でも、松江のはドンピシャ使えるバスでした。街の規模と景観とのバランスもよくて感心。2カ所で途中下車しつつぐるっと一周してきたので、島根出身の佐野史郎のガイドアナウンスももれなく全て聞いちゃった(笑)。逆回りルートがあると更に便利かなーと思うけど、次回はお堀を船で巡るコースも合わせてじっくり観光したいです。


15072902.jpg
運がよいと、座席にこんなお告げ書があったりします(笑)。これを下車時に運転手さんにそっと渡すと何か記念品がもらえるらしい。


さて、まずは国宝に指定されたばかりの松江城へ。私はお城は見るのはよいけど登るのは…wというタイプですが、今回は何故か登ってしまいました。滞在時間が少ない分、高いところから市街を見渡したかったのかも(笑)。この日は台風の影響か風が強かったのですが、汗がひいて気持ちよかったですー。


15072903.jpg
しかし暑かった…


お堀の内側には、修復中のペパーミントグリーンの素敵な明治の洋館もありました。興雲閣という島根県の指定有形文化財だそうで、修復後はまた公開されるみたい。そしたら見に来たいなー。


次は島根県立美術館へ。宍道湖畔にある菊竹清訓設計の美術館です。ここがユニークなのは、美しい宍道湖の夕日を楽しむ為に3月から9月までの閉館時間が「日没後30分」となっていること。だから毎日閉館時間が違うのね。可能であれば、日没の時間帯にここに居るのが正解だと思う。

収蔵品も水をテーマにした作品や写真・工芸・浮世絵など多岐に渡っているので、企画展+コレクション+宍道湖畔の眺めをフルで楽しもうと思ったら、かなりガッツリ時間をとらないと。私は(普段美術展はあまり時間を掛けずに見るタイプ)大盤振る舞いのつもりで2時間取っていたのに足りなくて、バス1本分遅らせて2時間20分滞在したのだけど、コレクション展まで見るので精一杯で、湖畔の公園に出る時間はなかったわー。

この美術館で宍道湖の眺望を楽しむ場所は何カ所かあって、1つは湖畔に面したお庭。硝子越しに見られる一階のイタリアンレストラン。それとコレクション展に入場した人だけが入れる(出られる、というべきか)2Fの展望テラス。

この展望テラスには出てみました。館内ではほとんどの荷物を預けちゃうので、日傘も帽子もなくて怯んだけど…。


15072904.jpg
展望テラスから宍道湖を望む。風が強いので、湖面が波立ってマス。


そういえば、受付やもぎりのスタッフが揃いの制服で百貨店並の接客だったのも、印象に残ってます。館内のスペースはとてもゆったりしていて、湖や夕景を楽しむためのベンチやソファもたくさん置いてありました。あまりのんびりはできなかったけど、前からずっと訪問するチャンスを狙っていた場所だったので、一瞬一瞬が楽しかったわ。夕日の時間までいられなかったのも心残りなので、また来ますとも!と心に誓っております。


15072905.jpg
美術館の建物も素敵なんだけど全景は撮れず…これはエントランス側(宍道湖とは逆方面)の屋根のライン。次は我が家のカメラマンを連れて宍道湖側からも激写してもらいたいものです。


ということでまたバスにのって松江駅へ戻りました。駅ビル?の土産物売り場で出雲蕎麦とシジミの真空パック、白ウサギフィナンシェを購入。あご野焼は要冷蔵品だったので断念。母には出雲茶を買いたかったんだけど、ざっと見た感じでは見当たらなかったなー。


…以上で山陰編はおしまい。また来るよ、まつえ。


15072906.jpg

コメント

非公開コメント

No title

いいですね。松江。
和菓子もおいしいですね。
職場に島根出身の若妻がいらっしゃいまして、
小出しにおいしいものの話を引き出しております。
ぷらーっと出かけたいですが、この暑さ…。
すてきな画像で、妄想旅行を楽しませていただきました。
ごちそうさま☆

Re: No title

ぱくちーさん、こんばんは。
松江の和菓子、老舗が何軒もある豊かなお土地柄なのですね。
下調べで美味しそうな和菓子に目移りしてテンションだだ上がりだったにもかかわらず
真夏の旅の初日でだったので今回は泣く泣く諦めたのですが、
次にお邪魔する時にはアレもコレも…と夢見ております。

本当に生命の危険を感じる暑さですから、ご自愛くださいませー。