FC2ブログ
2014/06/14

山梨ひがえり旅

先日、山梨方面へ遊びに行ってきました。根津記念館で今月29日まで開催中の「イラストレーター杉本一文が描く横溝正史の世界」をメインに、近隣でサクッと遊んで帰りましょう、という企画。

根津?と思いましたら、やはり「鉄道王」根津嘉一郎氏の実家邸宅を保存公開する施設なのだそうです。山梨市が遺族からの寄贈を受け、整備公開しているのだとか。入館料300円ですが、JAFカード割引があったので250円。入館料のみで展示も見られます。


IMG_6404.jpg


横溝表紙原画の緻密な描き込み、凄かったです。そして、作家とイラストレーターの長いコラボレーション自体が貴重ではないかと。常設の方は、根津嘉一郎の業績を紹介する展示。ビジネスの成功だけでなく、山梨県下の全小学校にピアノやミシンを寄贈するなど教育振興への関わり、そして根津美術館の礎となった日本・東洋美術のコレクションについても。

お屋敷も見学させていただきましたが、贅を尽くした装飾というタイプではないものの、立派なお屋敷でございました。庭園もぐるりと。お庭にあった立派な松は、大磯にあった別荘から移植されたものだとか。


IMG_0852.jpg


お昼は雀さんが調べてくれたお蕎麦屋さんへ。平日ですがそこそこ混み合っていました。天せいろ、美味しかったよー。鳥もつも美味しいらしいです(近くの席から聞こえてきた会話w)。


IMG_0882.jpg


さて、次は笛吹川フルーツ公園の中をぐいぐい上がって横溝正史館。富士屋ホテルとか温泉施設とかカート場とか、いろいろ近くにありました。

最初に見た展示は根津記念館とこちらの共同企画なのだそう。横溝さんってこちらの生まれ?ではなくて、縁あって元は成城のご自宅の離れとして立てられた書斎の建物を市に寄贈された、という事だそう。中に係員の方がいらして、色々説明して下さいました。


IMG_6493.jpg


見学のあとは、フルーツ公園内にある足湯へ直行。料金は100円。代金を払うとい草の座布団とチケットを渡してくれます。タオルも売ってるけど、我々は入る気満々だったので持参(笑)。私なんてすぐ脱げる靴&フットカバーで更に準備万端だったもんね。タイミング的に私たちしかいなかったので、甲府盆地を見下ろしつつのんびりゆったり。ここまでの行程そんなに疲れている訳でもありませんが(笑)、リフレッシュできました。


IMG_0885.jpg
反対側も同じくらいの広さがあったと思う。


その後、敷地内のカフェ的なところででフルパ。まだお腹空いてないのに食べれてしまうのが恐い。お値段的に妥当かな。桃とさくらんぼが食べられたので満足ですとも。上のジェラートは何味だったかな。。。コーンフレーク的な物が入ってないかわりに、中にシャーベットが2種類入っていて、それでちょっと胃が冷えちゃったな、と。フルパの後に足湯に行ければ良かったのだけど、立地的にこういう順番になってしまったので。


IMG_0891.jpg


せっかく来たからには旬のさくらんぼでも買って帰りたかったのだけど、平日の商業農園はけっこう微妙な感じで、JAの直売所に立ち寄り。でもまだあまり並んでないしちょっと高かったかなぁ。。とりあえず1パック買ったけども。今夜あたりいただいてみます。

帰りに桔梗屋の本社工場併設のショップでお買い物など。きな粉パラダイス。つか、工場の排気ダクト周辺はきな粉が空気中に漂ってる感じで、きな粉好きの私でも「うへっ」て感じでした。苦手な雀さんは苦行状態。お気の毒。

ここの名物はお菓子詰め放題らしいのですが、人気がありすぎて午前中には売り切れてしまうのだそう。私たちがお店にいる短い時間の間に2組も「詰め放題はどこですか?」って聞きに来て「とっくに終わってますよー」と言われてました。

いくつかお買い物して、プチトリップ全行程終了。ちなみに、桔梗屋さんの目の前には銀座ウエストの工場直売店もありますよ。まー、こちらは国立と日野にも直売店がありますし。だいたい2人とも健康診断を来月に控えているので、そこまで買う訳にもっていう。


渋滞もなくサクッと帰宅。でもやっぱり疲れるねー。お腹も一向に空かないので夕飯は食べず早々に就寝。お疲れさまでしたー。ぜひ次回は桃の季節に行きたいです!(インター降りてからありとあらゆる場所に桃と葡萄の畑があって、葡萄はマダだけど、桃はあと数週間だろうなぁ、という。はー。)

ykmz.jpg

コメント

非公開コメント

No title

横溝正史館があるんですね。
友達が好きそうだわ!
若かりし頃、その友人に連れられて、岩手の金田一に行きました。
雪深い2月(しかもバレンタインデー)に。
あれはあれで面白かったけど、
絶対こっちだわ。
私は甘いもの目当てでw

No title

そうなんですよー、私も今回初めて知りました。
ゆかりの土地というにはちょっと弱いような気がしますが(笑)、亡くなるまで使われていた書斎と次の間、資料室的なお部屋だけのこじんまりした建物で、ファンの方なら「この机であの作品が」など感慨深いと思われますよ。
江戸川乱歩からの書簡なども飾ってあって、お友達喜ばれるかもしれません。

温泉や富士山周辺などと組み合わせていらっしゃるとよいかも!あの辺りも冬は大変だろうと思いますので(笑)これからの時期にぜひ♪