FC2ブログ
2013/12/30

今年の締めに。

さてさて、あっという間に晦日となってしまいました。今年は雀さんが大きなパワーを発揮してくれたおかげで、大掃除は早めに終了。今日は割とのんびり過ごしました。明日ちゃちゃっとおせちもどきを作って詰めたら、今年のお仕事終了!宴会!です。

2013年は個人的に、価値観の変化が表出した年だったかもしれません。大きなコレクションの処分をして空いたスペースを雀さんに使ってもらえるようになったのは、お互いによかった事ではないかと。そういう変化に合わせてリビングにもちょっとした変更を施し、おかげですっきりとした年の瀬を迎えられています。こういうハードを整える作業から見えてきた事もあるので、来年はソフトウェアというかOS?的な整理をしていきたいと思っているところ。


今年も劇場には行けなかったので、美術展から印象に残ったものを今年のシメとして挙げてみたいと思います。常設オンリーのところも含めると、webに感想を挙げなかったところも含めて全部で28展くらい行った計算。見逃したものも多いのですが、収穫もまた大きかったです。

母数が少ないのでベストXって挙げ方はできませんが、2大「目から鱗」ならば挙げられます。


「クリムト 黄金の騎士をめぐる物語」愛知県美術館
2012年12月末に名古屋で開幕し、その後長崎と宇都宮に巡回した展示。クリムトの創作活動や様々な芸術家たちとの交流、ウィーンを含むヨーロッパの美術ムーヴメントといった大きなうねりが肌で感じられる圧倒的な展示。個人的には当時の分離派展展示を立体的に感じられるコーナーは衝撃的な程にいろいろ腑に落ちました。得たものが多かったです。


「ロマンの系譜 怪奇幻想玉手箱 ゴヤからシュルレアリスムへ」富山県立近代美術館
これは富山県立近代美術館の単独企画。翌日に予定がなかったら、当日の宿を取って翌日再訪したかったです。
ゴヤから入って、ロマン主義、象徴派、、までは私の大好きな世界だったのですが、そこから20世紀芸術、シュルレアリスムへ繋がるというのが「!」でした。なるほどそうやって見ると「さっぱりわからないわ」と思っていたシュルレアリスムが違って見えてくる不思議。それで脳が喜んだのか、上の階にあった常設の近代美術もぐんぐん染みいってきて。再訪のチャンスを伺うお気に入りの美術館の1つとなりました。(北陸新幹線の開業が待ち遠しいわ〜)


と、サクっと振り返ったところで今年の更新はおしまい。来年は「一ヶ月以上更新なしの広告」をを出さないように心がけたいと思います(こころざし低っ)。来年もどうぞ宜しくお願いします。よいお年を。

コメント

非公開コメント

No title

今年もふらーっと、お邪魔します。
よろしくお願いいたします。

今年も宜しくお願いします!

ぱくちーさん、今年もお互い健やかに過ごしたいですね。
どうぞ宜しくお願いいたします♪