FC2ブログ
2012/10/13

先週は。

火曜日から2泊3日で東海・関西方面へ行ってきました。元々はオットの人が「2泊3日で大阪出張だから」って話だったので「じゃあ、私もちょっと遊びに行ってきていいかな?」と立てた計画だったのですが、蓋を開けてみたらオットの人は結局一泊で切り上げて戻る事になり、「妻、遊びほうける」の図になってしまったのでした。でも、オットの人は私の留守は何気にテンションあがるらしく1人を満喫したようでしたから、結果的にはこれでよかったのかも。と思う事にしましょう。


しかし今回ホントに驚いたのが、出張のダンナと遊びに行く私、お互い相手が何時の新幹線かも知らずに別々に手配したにも関わらず、乗ってみたら同じ車両の同じ列に座っていたという(笑)。気付いた時は笑ってしまいました。「悪い事はできないねー」と驚きあいましたです。

大阪まで行くダンナを残して私は名古屋で下車し、観光一切抜きの美術展ハシゴツアーを開始しました。帰宅後にこれこれこういうルートでどこに行ったって話をダンナに逐一報告したら「乗り鉄みたいだね」と。確かに。観光一切抜きで目的のみに邁進する旅。初めて訪れる土地ではないって理由もあるけれど、観光は連れがいるときにまた改めて。


私のツアーは、東京で既に開催していた(そして見逃した)ものを追い掛けたのがほとんどでしたが、それでも行ってよかったです。特に三重県美で見た「Katagami Style」は伊勢型紙のお膝元で見たのもよかったかも。会期中展示替えがあったので見られなかったものもあるし、三重では展示されなかったものもあるのですが、ここはホントに時間が足りなかった(一番しっかり見たい今回のハイライトだったので、時間も長めに取ったのだけど…)。好き過ぎて悶えました。

短期間に集中して多くの作品を見ると筋トレみたいに(笑)美術脳が鍛えられる実感がある一方で、オーバーフローもあるので難しいところではあるけど。東海や関西は美術展も多いので効率よく予定が組めるのはいいんですけどねー。しかし今後は、東京近郊開催の気になる展示は会期始めのうちに行こう、と思いました。遠征も楽しいけど、できたら次は東京で見られないものを見にいきたい。

絵画や彫刻の感想は難しいけれど、何かしら残そうと思います。もう少し時間がかかるかな。(遠征の前に見た分もまだ残ってる)


お土産は551蓬莱の豚まんと赤福と、西利の千枚漬。西利の千枚漬は地元百貨店でも買えるということを今知ったのですが、試食させてもらったら美味しかったので。漬け物好きの雀さんが一口食べて「美味い。美味い。…うまいっ!」と3回言いましたよ(笑)。

コメント

非公開コメント