FC2ブログ
2012/07/29

バーン=ジョーンズ展

先日、三菱一号館美術館で開催中の「バーン=ジョーンズ展−装飾と象徴」を見に行ってきました。神話好きとしては絶対に外せない美術展で、ものすごーく楽しみにしていたのです(の割には、足を運ぶのがけっこう遅くなってしまったのですが)。

ebj.jpg


象徴派やラファエル前派とも関わりの深い画家で、今回はバーミンガム美術館他から作品が集結。(話がちょっとズレますが、作品リストの英語版の方にはバーミンガム美術館がいつその作品を どんな手段であるいは誰から 入手したかも書いてあったのが良かったです) 凄いなーと思ったのは、そんな中 割とよい作品2点が郡山市美術館から出展されていた事。そういえば、先日見た岐阜美の象徴派展で見たウォーターハウスやロセッティも郡山市美術館からでした。いい作品を持っているのだなぁ。

バーン=ジョーンズは物語性のある作品が多いので、私などにもとても親しみやすいです。特に今回は物語を描いた連作が多く出展されているので、余計に。お目当ての「眠り姫」は圧巻でした。他に何て言ったらいいかわからない語彙の貧弱さですが…。たっぷりした布のドレープ、眠る美女たちの瑞々しい肌、柔らかい金髪、咲き誇る花々。立ち去りがたい美しさでした。
(http://mimt.jp/bj/story.html)こちらで見られます。

ウィリアム・モリスとのアーツ・アンド・クラフト運動が有名だけれど、2人が出逢ったオクスフォードのエクセター・カレッジでは2人とも神学の道に進むつもりで入学していた訳で、そこから芸術の道へ進む事になる訳だから人生何が起きるかわかりませんね。

こんな瑞々しくてつややかな絵を描いて、モデルになった美しい女性と不倫して相手に自殺未遂されたりとか、1枚の絵に10何年もの間 筆を入れ続けたり、って何だか芸術家しかりとした印象があって、どんな人なのかしらと思っていたら、最後の部屋に画家本人による「風刺的自画像−描かれざる傑作の群れ」という自画像がありました。(http://mimt.jp/bj/architecture.html)←こちらで。

この、未完成の絵がたくさん並んだ前で猫背気味にこちらを見るすっとぼけたおじさんの姿を見るなり、にやにやが止まらなくなってしまいました。愛すべき人じゃないの、と。絵は好きだけど画家本人の事はあまり詳しくは知らなかったので、買ってきた図録をしっかり読んでお勉強中。ミュージアムショップにも置いてあったけど、荷物が重くなるからと買わなかった以下の本も買ってみるつもり。図録は絵のサイズが物足りないものもけっこうあるので(解説の文章が多くてお勉強にはなるのですが…)、そういう意味でも是非欲しい、と。

もっと知りたいバーン=ジョーンズ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
もっと知りたいバーン=ジョーンズ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション) [単行本]

バーン=ジョーンズ 眠り姫 (イメージの森のなかへ) [大型本]jp
バーン=ジョーンズ 眠り姫 (イメージの森のなかへ) [大型本]


あ、ミュージアムショップ楽しかったです。アーツアンドクラフツのマグカップとか日傘とかハンカチなどなども揃っていて、こういうのは女性は好きだよね。みなさんもの凄く真剣に品定めされてました。そして男性陣は書籍をじっくり読む方多し。

バーン=ジョーンズ展は8月19日(日)まで、東京は三菱一号館美術館にて。その後、兵庫県立美術館(9月1日〜10月14日)、福島県の郡山市立美術館(10月23日〜12月9日)に巡回するそうです。

コメント

非公開コメント