FC2ブログ
2012/03/09

北陸旅行記12

北陸旅行記、最終回です。


12012911.jpg
赤いライトレールきたー。いいことありますようにっと。


富山駅に戻ったのはお昼前後だったでしょうか。ダメ押し的に、前夜お寿司屋さんのご主人に「お土産ならCiCが一番揃ってると思いますよ」と教えていただいた、そのCiCビルへ。5階にある物産センター「いきいきKAN」で、腰痛ピークの雀さんには座って休んでいてもらい、私は更に買い物…(鬼だな、我ながら)。

普段買わないラーメン(もちろん富山ブラック)を買い物カゴに入れたのは、せめてもの罪滅ぼしでございました。確かにこのフロアと、富山駅併設の「とやま駅特選館」がお土産物は一番充実していた気がします(バラエティに富んでいるのは前者)。空港でも買えるけど、時間があるなら「いきいきKAN」まで足を運ぶと、ます寿司の工程が見られる展示や、丸薬やケロリングッズのコーナーもあって楽しい、かも。

このビルでお昼も食べられるかしらねーとうっすら期待していたのですが、富山での締めになるようなご飯処は見あたらず。実はこの「いきいきKAN」の奥に薬膳カフェがあったと気付いたのは帰宅後だったのですが(笑)、この後 雀さんリサーチに導かれ「とやま駅特選館」内の「白えび亭」で美味しいお昼にありつけたからいいもんねーだ。


12012909.jpg 12012910.jpg
「いきいきKAN」で。富山では毎年チンドンヤコンクールが開かれているのだそうですよ。イベントの呼び込みにもいらしてました。


この特選館も、駅再開発の為に仮店舗で営業中でした。「白えび亭」は、どうやら私たちが入った時間帯が一番混んでいたみたいです。頼んだのはえびえび丼、だったかしら?白エビと普通のエビの天ぷらがのっているという、食いしん坊にぴったりのメニュー。

そしてこれが香ばしくて、とても美味しかったです。この旅行で白エビのお寿司は頂いていたけど、天ぷらは初めて。桜エビほど硬質な歯ごたえではないけれど、香ばしくて「ふわさく」な食感。生とはまた違った味わいが好もしかったです。あと、ちょうどお店の窓の外がバスターミナルだったので、空港行きバスのバス停が黙視で確認できたのもナイスでしたw ごちそうさまー。


12012912.jpg 12012913.jpg


店を出るとお土産物屋さん、というロケーションですので、一応ここのお土産ものも見てまわりましたが、流石にもうお財布出すのも面倒で(笑)。富山の郷土食、昆布じめのよさそうなのがあれば…と思ったのですが、(種類はいろいろあったけど)決め手に欠けて、今回は見送りました。機会があったらどこかで。


という事でほぼ旅程もおしまい。しばし まったりしてから、路線バスで空港へと向かいました(いちおう時刻表も事前にプリントアウトしましたよ、今回の私はなかなか準備万端だったのだ)。

バスの中から、旅行計画の当初に行けたらいいなーと思っていた(結局スケジュールの具合と展示の魅力の兼ね合いで見送った)富山県立近代美術館がある城南公園も見えました。しかしこの公園、ものっすごい雪の積もり具合だったので、今回は諦めて正解だったかも。いずれ、魅力的な企画展がかかっている時に訪れたいと心に決めつつ。

この日はかなり頻繁にフライトインフォをチェックしていた雀さんによれば、昼頃には私たちが乗る予定のフライトから「天候調査中」の文字が消えたとの事。前夜、お寿司屋さん常連のおじさまの「明日は小康状態」っていうの、当たってたね!と(笑)。

そして、薄暗くなる頃に富山空港を出発。それにしても北陸。ここまで美食の街とは恐れ入りましたです。また魅力的な美術展とか美味しそうな旬の時に再訪しますとも。
お読み頂いた方にも感謝。


なお、帰宅後の夕飯として、金沢で買った棒寿司と蕪寿しは2人でぺろっと平らげました。どちらも激美味!しかしながら、この夜も生麩饅頭を食べ忘れてしまい、帰宅翌日に反省しながらいただいた事を付け加えておきます。痛恨なり。

コメント

非公開コメント