FC2ブログ
2012/03/06

北陸旅行記09

えっと、実は高岡は「行けたら行こうか」的な位置づけでした。1日目に金沢でまわりきれないところがあったら、そちらを優先しようと。順調にまわれたので高岡に来た訳ですけれど、観光するようなところは割と駅から離れていて、こういうお天気の日はちょっと大変。

そんな事もあって、お昼ご飯を目指して脇目もふらずに万葉線に乗ることにしました。週末だけという富山出身の立川志の輔の声による車内アナウンスを聞きながら「新町口」という駅を目指します。この周辺にお寿司屋さんが多いそうで、「寿司は別腹」を公言する雀さんのアンテナに導かれるという訳。しかしどうも腰が芳しくないらしく、太陽も顔を出しません。心配だなぁ、色んな意味で。お寿司食べたら元気になるかしら…


12012820.jpg
駅到着。そしてまっしろ。


新町口駅からお店までは普通なら徒歩7,8分ってところでしょうかね。雪の残る道をよたよた歩いていったのでもう少しかかった気がします。土曜日とはいえ このお天気でオフシーズン、車もあまり走っていないし、人もほとんど見かけません。いわんや観光客をや、でございますよ。

伺ったのは寿司竹さん。店内にも(お天気と、たぶんもう1時を過ぎてたという時間帯のせいもあるかと)お客さんがいなかったので、私はけっこう不安だったのですが(笑)気持ちよく接客していただいて、美味しいお寿司をご馳走になりました。晴れ男パワーが発揮できずとも寿司アンテナが鈍らない隣の人にも感心。

お任せで地の物を握っていただいたのですが、ふっくら厚みのある穴子には驚きました。たれも江戸前とは違う感じ。白海老を昆布締めにしたものも滋味があって美味しかったなぁ。魚介の昆布じめは富山の郷土料理なんですってね。白エビはシーズンじゃないから諦めてたのですが、軍艦巻きまでいただけて嬉しかったわ。


12012821.jpg
代表して白エビ先生の写真でも。昆布じめのお寿司、また食べたい~。


この辺りはかなり海に近いので、お天気がよければ何駅か先にある海王丸パークにでも行きたかったところでしたが、この雪の残り具合と寒さでは観光もね…という事で大人しく高岡に戻り、富山に移動する事にしました。素通りでごめんね、高岡。


そして到着した富山、雪がざんざか降っています。この日のお宿は富山城址の眼の前、ANAクラウンプラザ。タクシー降りたらベルの方がさっと出てきて荷物を持って下さるホテルに泊まるのは久しぶりかもw お部屋は富山城公園を望む角部屋でした。暗くなってきたら城址公園の外側に施されたイルミネーションが見えて得した気分。


12012822.jpg
私の撮影。


部屋にご案内頂く時にベルの方に聞いたところ、この日の富山空港は飛行機が着陸できず出発便も欠航が続いているとの事。「この辺りは雪が降ると陸の孤島になりますので…」という言葉がすごく印象に残ってます。そして、翌日の帰りがものすごく不安になった私たち。荷物の整理をしながら、バックアッププランを検討しましたですよ。まぁ、欠航になったら陸路に切り替えるしかないねって話なんですけどね。


コメント

非公開コメント