--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/24

北陸旅行記03

12012707.jpg
平日なので割と空いてますよね。

それではお昼に致しましょう。近江町市場は観光客が多く訪れる場所でもあるので、ガイドブックにもお店がいろいろ紹介されていました。回転寿司のお店が多いのが不思議だったのですが、どうやら石川県は回転寿司のコンベアの生産率ほぼ100%のお土地柄なんですってね。だから最新システムが導入されるのは石川から、なんだそうです。知らなかった。

しかし私たちが行くのは回転しないところです。当たりを付けておいたのは、お寿司と海鮮丼のお店1カ所ずつ。混み具合や晴れ男の意見も聞いてどちらかに、という感じだったのですが、先に通りかかった方の海鮮丼のお店が待たずに入れそうだったので(私も積極的にこちらのお店に行きたい理由があった)そのまま入店しちゃいました。


お邪魔したのは「近江町食堂」さん。地元客が多いという口コミ通り、タクシーの運転手さんを始め軽装のご近所とおぼしき方も多いようでした。もちろん私たちみたいな観光客も多し。

近江町市場内には海鮮丼を供するお店も多くて、観光客向けに金箔ふって2.5K!みたいな豪華なものを出す店もけっこうあるようです。近江町食堂さんでは三宝盛というのがそれに近いのかな。カニ、ウニ、イクラ、甘エビ、マグロの中から3種類を乗せたもの(ウニが入ると2.5Kでそれ以外は2.2Kとか)。しかし、私も晴れ男もできればイロイロ食べたい方なので、海鮮丼1,770円をチョイス。お昼だけど生ビールも飲んじゃうもんね!

そして私がこのお店に来たかった理由でもある、加賀小坂れんこんの蓮蒸しもオーダー。時間がかかると言われたけど、いいんだもんねー。えへへ。雀さんは酒のアテに、と石川でしか食べられないふぐの卵巣の糠漬も。しかしこの珍味は塩辛い!日本酒のアテに最高でしょうがお昼なのでぐっと我慢(晴れ男が)。そして美味しい海鮮丼をほおばる幸せ。甘エビー!ブリ!かいせん!幸せ!

しかし私にはれんこんの蓮蒸しが最高でした。もっちりしててお出汁も美味しくて、ツボ中のツボ。最初のごはんからこんなに美味しいものをいただいてしまってよいのでしょうか。加賀の人になりたい、と真剣に思いましたです。

12012708.jpg 12012709.jpg 12012710.jpg
食い倒れ上等。クリックで少し大きくなります。

しかし会計が6Kを超えたのには笑っちまいました。いきなり欲張り過ぎです(笑)。後悔はしていない。ごちそうさまでした。


満腹になって市場の中をそぞろ歩きつつ、次の目的地へ向けてバス停へ。さっき降りたところとは別の通りに出ました。路線バスを利用して、ひがし茶屋街へ向かいますよ。しかしせっかくバスに乗り込んだのに、バス停の名前を勘違いして1つか2つ手前で降りちゃったんですよね、ばかな私。路線図持ってるのに意味なし。

でもまぁご飯食べたばかりなので(ビールもw)腹ごなしにゆっくり歩いて目的地に向かう事にしました。美味しいもの食べて幸せなので、二人とも機嫌よし(笑)。近江町市場からひがし茶屋街は全区間歩いても10分ちょっとだそうですから、楽勝です。写真などを撮りながら(夫が)ひがし茶屋街へ到着。

12012711.jpg 12012712.jpg 12012713.jpg
こんな写真をとりつつ。クリックで少し大きくなります。

コメント

非公開コメント

続きを楽しみに

ゆうさん、こんばんは。
周到な準備、美しい写真、美味しそうなごちそうと、ゆうさんの旅行記はいつも充実していて読み応えがありますー。
ちょっと前のソルボバン、今度使ってみようと思っているんですよ。
金沢は何年か前に行ったのですこし懐かしいですが、見落としもいっぱいありそう(笑)再発見させていただけそうです。

ありがとうございます~

ほみさん、こんばんは。
写真は夫に任せきりですw 私はいつも事前にどこに行って何を見たいかだけは本当にちゃんとチェックするのですが、食事面がおろそかなんですよね。反省して今回は食べるところもがんばりました(予約してくれたのは夫ですが)。

金沢いいところですねー。また花盛りの頃に行きたいです。たぶん、ほみさんの方がしっかり見られていると思いますよ!私は見たかったけど行けなかったところがたくさんあるのです。

ソルボバン、この旅行ではホントに助かりました。靴が当たるところがあったりしたら、そこに予防的に貼るとホントに痛くないんです。足が痛いと観光したくても出来なくなっちゃいますしね。豆が出来やすいところの予防にもよい気がしました。(と最近勧めまくってますw)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。