FC2ブログ
2012/02/22

北陸旅行記01

12012701.jpg
兼六園にて

先月末の北陸旅行記を書いてみますので、よかったらおつきあい下さい。

1月最終週に2泊3日で北陸旅行に行ってきました。目的はもちろん海の幸。
夫との会話で、北陸あるいは北海道あたりで美味しい海の幸が食べたいねぇ、という話になると、必ず「(美味いのは)冬だな」と言われる訳ですよ。まぁ確かにその通りなので、寒さに弱い私も覚悟を決めて(食い意地が勝った、ともいう)今回の冬の北陸旅行と相成りました。路面電車と美術館がある街への旅、という最近のテーマにもぴったりだしね♪

この1月最終週というのは日本を寒波が襲った週でして、日本海側は大雪。寒さは覚悟していたけど、最近はそんなに雪は降らないという話だったので、この展開には慌てました。フライト欠航、あるいは羽田へ逆戻りも覚悟して、陸路でのバックアッププランも想定しつつ家を出ました。幸い私たちの移動日のフライトは問題なく飛んだけれど、往復とも前後どちらかに1日ずれていたらアウトでした。運がいいのか、隣の晴れ男が絶妙なパワーを発揮したのか…(笑)。とにかく無事往復できてよかったです。


旅行初日、まずは金沢へ向かいます。小松空港からリムジンバスで金沢市街へ。東京は寒いながら快晴でしたし機内から冠雪した富士山も綺麗に見えましたが、北上するにつれ地面は真っ白に。着陸に向けて高度を下げた途端に雲の中だったし、どんよりとしたお天気なのが見てとれました。

リムジンバスの乗車券はターミナルビルの外にある券売機で買います。バスの発車時間は飛行機の到着時刻の10-15分後。乗り遅れを心配しなくて済むのがありがたいです~。リムジンバスに乗り込みますと、どんよりしていた窓の外が、何と明るくなってきました。「晴れた!晴らした!(俺が!!)」と隣で夫がドヤ顔。何なんでしょう、この人の晴れ男パワー。

12012702.jpg
車内からドヤ顔で撮った写真。


高速を走るバスの車窓からは荒れる日本海も見られました。うねってました、白波立ちまくってました。さっき晴れた空もすぐに曇ったり雪が落ちてきたりと、猫の目のように変わりやすく。金沢にいた間、お天気はずっとそんな感じでしたね。と言っても丸1日程度の滞在時間でしたけれど。

小松から金沢へのリムジンバスは金沢駅直行の急行バスと市街経由の普通?との2種類がありまして、私たちが乗ったのは市街経由。バスが止まる香林坊にホテルを取っているので、荷物を預けてから観光に繰り出す算段です。香林坊が金沢で一番賑やかなところみたいですねー。JALとANAのホテルはJR金沢駅前にあるのですが、観光と食事を考えると香林坊に宿を取るのが便利なようです。

香林坊でバスを下りますと、その時点では雪は止んでいました。流石にこの辺りは歩道もしっかり除雪されていますが、車道と歩道の境あたりは除けた雪が残っていて、バス乗降時や横断歩道を渡る時なんかはちょっと注意が必要な感じ。

お宿はバス停からすぐのエクセルホテル東急。到着はお昼くらいだったと思います。フロントで荷物を預け、観光マップをいただいて観光へ繰り出しまーす(傘の有無も聞いて下さったので、持っていなければ貸していただけたと思われ)。


あ、もちろん今回も特に断りのない限りはうちの晴れ男が撮った写真を使っております~。

コメント

非公開コメント