FC2ブログ
2011/09/27

簡単ぴっ

すみません。備忘録的な話なので読んで頂いても面白くないと思うのですが、我が家アルバムの話が続きます。

昨日の日記で触れた通り、雀坊堂が持ってて私が持っていない写真(画像データ)っていうのは2003年以降の雀坊堂デジイチ導入以降の分、なんですって。それ以前に雀坊堂が撮影した銀塩写真は受け取ってアルバムに貼ってある(ハズ)。つまり、2003年以前の写真が未整理だとしたら、それは私のコンデジ写真という事。あ、私、自分の首を絞めていたんだ…


バックアップディスクから古い画像をiPhotoに取りこんだ中で、一番古い写真は98年のものでした。コンデジ画像だけでなく、懐かしのLOMOや一眼レフのネガ/ポジをスキャンしたものも。もちろん98年以前にもデジカメは使っていてwebにはアップしたりしていたけど、たぶんこれ以上古いものは残っていたとしてもプリントに値するものはなかったかと。

その古い画像だって、今だったらそのままのサイズでためらいなくwebにアップできる軽さ(むしろ小さすぎるかも)で、オンラインプリントのオススメ画像サイズからは大きく外れています。雀坊堂の助言もあり、ならばと試しに自宅プリントを試みる事に。

ビューワーとしてしか使っていなかったiPhoto、直接プリントもできるのね。普通のプリントと同じでサイズと紙質を選ぶだけ。特にPhotoshop加工などもせず、自宅にあったL版の光沢紙にプリントしてみましたが、あら全然いけるじゃん。100KB超え位なら、そこそこ見られるスナップがプリントできました。さすがに二桁キロバイトのは荒くて笑ったけど、もしかしたらデジ化創世記のF1速報誌の手抜きグラビアにちょっと劣る程度では。あるいは、今でもたまに印刷物とかで「それ、どこそこのサイトから持って来てプリントしたでしょ」って画像にお目に掛かったりするけど、それには十分勝ててる気がする…。

てことで、この簡単さならば、とiPhotoプリントを推し進める事に致しました。古い写真は全部そうするつもり。近年の写真については作業しながら考える事にする。…って言ってるうちに紙の在庫使い切っちゃったので、慌ててポチっとしたんですけどね。

あと問題は耐久性ですかねぇ。10年ちょっと前の写真でもプリントによって驚くほど劣化の有無の差が出てきているのを目の当たりにしたので、少なくとも用紙はいいものを使おうと思いました。

コメント

非公開コメント