FC2ブログ
2011/01/07

パリ/ウィーン旅行27

Day 8 #3

美術史美術館から出て道路を渡ると、そこは王宮のある一角です。たぶんウィーンを訪れた観光客のほとんどが一番最初に訪れるであろう場所。なのに私たちはほとんど一番最後によーやくここへたどり着いた訳です。



ブルク門をくぐると王宮。


101106_24.jpg
市庁舎の尖塔が見えます。この中央の尖塔の上に、Rathausmann(市庁舎の男)という騎士像がいるそうですが、見えるかな?


101106_25.jpg 101106_26.jpg
# クリックで拡大
左:新王宮。左側にオイゲン公騎士像
右:皇帝の部屋とシシィ博物館方面。中央にフランツ2世像


101106_27.jpg
ミヒャエル広場より王宮。


…ええ、つまり、素通り。ははっ(汗)。
もうね、疲れちゃったんだもん~。

しかし、まっすぐホテルへは戻りません。まだ旧市街の中はほとんどうろついていないので、コールマルクト→グラーベン→ケルントナー通り、とウィーン旧市街の中心部を通って帰ります。


101106_28.jpg 101106_29.jpg
# クリックで拡大
既にイルミネーションの準備は万端という感じ。もしかしたら、夜に来たらイルミネーションが楽しめたかもしれませんね。


101106_30.jpg 101106_31.jpg
# クリックで拡大
左:デメル。激混みでした。
右:ペスト記念塔のすぐ隣りにも大きなイルミネーションが。


さて、もういい加減疲れ切りました。今日こそ!ザッハーでザッハートルテを、と思って寄ったのに、やっぱり大混雑…。うーむ、それなら買って帰って部屋で食べよっか…とすごすごとショップの方へ。ザッハートルテもいろいろなサイズがありますね。部屋で食べるように、一番小さなリリパットを(直径8センチ)、それと自宅のお土産用に12センチのピッコロを購入して退散。

帰りがけにまたスーパーに寄り、お土産にするものをガシガシと購入して(モーツァルトクーゲルとかスープとかお茶とかね)ようやく部屋へ到着。つ、つかれたー。


早速買ってきたザッハートルテを頂きます。大胆に半分ずつ(笑)。でもねー、疲れていたせいか全然甘さを感じない。間に挟まった杏ジャムがよい感じで、ぺろっと食べちゃいました。この時は残念ながら、添える生クリームがなかったのですけれど…。

帰国後に念願の生クリーム添えで、買ってきたザッハートルテを頂きましたが、このときは甘さを強く感じました。やっぱりその土地で食べるのが一番美味しいのよね、と思うと同時に、これが甘く感じなかっただなんて、どれだけ疲弊してたんだ、と(笑)。


101106_32.jpg 101106_33.jpg 101106_34.jpg
# クリックで拡大


疲れ切ったので、私はまた一眠り。この旅行中、よく寝ました~。おかげで乗り切れたのだと思いますが、その分見られなくて諦めたものも多数。仕方ないですね…

さて、最後の夕飯です。どうしようかーと考えて、もう本当に疲れ切っていたこともあり、結局ホテルのルームサービスを利用するコトにしちゃいました。オーストリアの白ワインと、(だ)がグーラーシュ、私はターフェルシュピッツです。もう前菜とかデザートとか、頼むっていう頭はどこにもない(笑)。


101106_35.jpg 101106_36.jpg 101106_37.jpg 101106_38.jpg 101106_39.jpg
# クリックで拡大


ターフェルシュピッツは、付け合わせのマッシュ&細切りポテトを焼いた付け合わせがツボでした。リンゴのソースも美味しかったし、もちろんお肉もね。(だ)のグーラーシュも少しいただきましたが美味しかったです。でも私の場合は、疲れた時はターフェルシュピッツのさっぱりしているのに味のヴァリエーションがあるっていうのがいいみたいです。最終日にして、ようやく学習。


そんな感じで最後の夜を非常にリラックスした中で過ごしました。荷造りをしてから、就寝です。

コメント

非公開コメント