FC2ブログ
2011/01/03

パリ/ウィーン旅行19

Day 6 #2

シェーンブルン宮殿の後もまだかなり歩きますよ。次はこのシェーンブルン宮殿からそう遠くないところにある産業技術博物館へ行きます。ゆっくり歩いて10分くらいだったかしら?事前のリサーチで、電車の車両だの車だの飛行機だのが展示されていると知っていたので、おぼろげに大きな建物なのねーとは思っていましたが、想像を超えてました(笑)。



建物全体、フレームに入りませんし。


私はとにかく足の痛さがピークだったので、「全部見るのは無理!」と早々に諦め。「私はてきとーに座ってるから、好きなだけじーっくり見ておいでよ」と(だ)を送りだし、ベンチに座って足を休めました。スニーカーの紐をゆるめるだけゆるめて、その位置から見られる展示物を観察。

様々なテクノロジーに関する展示があって、私が見た範囲だけでも乗り物や発電関係など…もちろん他にも家電だの楽器だのありとあらゆる産業技術の展示があって、しかもハンズオンのコーナーも多いので、地元の子供たちが多数目を輝かせておりました。こういうコたちが未来のオーストリアを担っていくのだよなぁ。いい博物館だねー。


101104_12.jpg
# クリックで拡大
(だ)が上の階から撮ったもの。本人が意識したかどーかは不明ながら、疲れ切った私が右下のベンチにちょろっと写っている(笑)。


後で(だ)がたくさん撮ってくれたデジカメ画像をもらったんですけど、この美術館内部の写真は、はっきりいって天地の区別が難しすぎるものがみっしり。そうでなくとも接写が多いから(笑)。


101104_13.jpg 101104_14.jpg
# クリックで拡大
こーゆーのとか。


そんなこんなで、(だ)も博物館に満足してくれたようなので、トラムで西駅へ戻る事にしました。


Technisches Museum Wien
Mariahilfer Straße 212, 1140 Wien


Anschutzgasseという駅よりトラムで西駅へ。このAnschutzgasseという駅のところにはトラムの車庫がありました。なんか得した気分(笑)。10分弱くらい乗って西駅に到着しましたが、目的の通りはどれだっけ、とやっぱり一瞬悩みます。ぱっと見渡した時に通りの表示が見えないんだよねぇ。

そして、マリア・ヒルファー通りを旧市街方面へてくてくと歩きます。この通り、旧市街に比べるとぐっとカジュアルな趣です。パリの街は通りに向かって看板がせり出しているコトはほとんど無かった気がするけど、ウィーンは違いますね。ガンガンせり出しているので、遠くからでもどんな店があるかわかります。


101104_15.jpg
# クリックで拡大
こんな感じで。


しばらく歩いて到着したのが(だ)お目当ての模型店。「ぐりゅーす・ごっと」とご挨拶しながら入店致しますよ。一回り店内の商品を見て回ってから、お店のおじいさんにプリントアウトしてきた欲しい商品の写真を見せて(だ)がコミュニケーション開始。

お店のおじいちゃんは比較的判りやすい英語で話してくれて助かりました。私が(だ)の会話を横取りしてしゃしゃり出てしまったのですが、その代わりちょっと失敗を(笑)。どっから来たのかと聞かれたのに泊まっているホテルを答えてしまい、ちょっと恥ずかしかった…でも、それが後で役に立ったので結果オーライだと自分では思っているのですが。(だ)も珍しく私がいてくれて本当に助かったと言ってくれたし、ま、いっか(笑)。

(だ)が見せた2つの商品のうち、1つはたぶん12月頃に発売だろうから、その頃にメールで問い合わせてくれれば送ってあげるよとのコトで、もう1つは発売になっているけどこの店に在庫はないとのコト。取り寄せてあげるけど、いつまでここにいるの?と。私たちに聞きながらもう手は受話器を取り上げている訳ですよ。電話で確認してもらった結果、幸いにも翌日には入荷するそう。

明日取りに来るならば、先に店に電話して入荷を確認してから来てね、あるいは送料も一緒に払ってくれれば日本まで発送もできるよ、という話になり。翌日来られるかどうかが不確実だったので、とりあえず日本までの送料分も含めて先に支払ってしまう事にしたんだけど、この時点で(だ)は一人でも取りに来ようと思っていたみたいだから、電車の分だけ払えばよかったなー。

いろいろお話するうちに、このおじいさん、「去年も日本に行ったよ!新幹線は今まででもう26回乗ったよ」とか言ってました。(だ)が後で聞いた話だと、このおじいちゃん、筋金入りの鉄道オタクらしい。後日もしやと思って録画した「鉄道模型紀行」という番組にも鉄道好きのウィーンの模型店店主としてこのおじいちゃんが出てきたので笑ってしまいました。有名人なのね、きっと。


そんなこんなで、無事ほしかったものの入手の算段ができて(だ)も一安心。疲れたからちょっとお茶でも…とマリア・ヒルファー通りを旧市街方面に向けて歩きますが、なかなかこれという店がありません。でもね、マリア・ヒルファー通りは私の好きそうなインテリア雑貨の店だのキッチングッズの店などがあって、くらくら来ました~。堪えきれず、キッチン用品の店は入っちゃったもんね。セール中だったし。でも欲しいって思うものはなかったので何も買わなかったけど、体力がたっぷりあったらこの通りをのんびり見て回るのも楽しそう。

コメント

非公開コメント