FC2ブログ
2011/01/02

パリ/ウィーン旅行17

Day 5 #2

CDGに着いたのは1時前だったでしょうかね。空港にいる間の事は書くことほとんどないなぁ。フライトの時間まで4時間近くあったんですが、チェックインまでは重たい荷物もあるし足のマメも痛いしで動きたくなくて、ほとんどベンチで体力温存モード。ターミナル2Dも地味ですしねー。2Fならきっと街で買えなかった甘い物をたっぷり買ってしまったと思うのですが、2Dには私を誘惑するものがありませんでしたよ。


101103_11.jpg
手荷物検査後もベンチでぼーっと。オーストリア航空の機材、遠くに見えるなーって思っていたんですよね…


よーやくゲートが開いたので先に進んだのですが…なんと、バスに乗せられちゃいましたよ。びっくりです。ようやく飛行機のところにたどり着いて搭乗。その際、入り口でレッドブルの機関誌を見た時の話は以前のブログにも書きましたっけね。


101103_12.jpg
# クリックで拡大
何かの記念塗装機らしいです。


ウィーンへのフライトも2時間弱。この時の軽食はアプリコットと紅茶、2種類のパウンド風ケーキ。アプリコット味のがとっても美味しかったです。

ウィーン空港到着は7時前くらいだったかな。2時間弱、あっという間。ホテルに着いて荷ほどきして夕飯に出るとなるとかなり遅い時間になってしまいそうだし、食欲も微妙な感じだったので、夕飯は再び空港地下のスーパーで調達しました。こんなんばっかだね(汗)。市街のスーパーなども夜8時には閉まっちゃうから、空港で買っていくのが安心なのです。

そして、到着ロビーに何軒か並んでいるリムジンタクシーの営業窓口の1つで、空港 - ホテル間往復のタクシーを申し込みました。往復64ユーロ。最初はホテルまでの片道を申し込もうと思って行ったんですが、窓口で往復を勧められたのでそうしました。帰りも手間がなくてとっても楽でした。

外はもうとっぷり暮れておりました。ホテルまではどれくらいだったかなー。なんかもう疲れきって、時間の意識がなかったけど…でも渋滞も一切なかったので順調だったのだろうと思います。


ウィーンのお宿はリンク通り沿いにあるグランド・ホテル・ウィーン。オペラ座からホテル・ブリストルを挟んだお隣という位置関係で、徒歩数分という立地が決め手でした。それにクラスの割に価格がリーズナブルだったり、ティーメーカーがあってネット接続も無料というのもありがたい(無線/有線とも無料でした)。旧ANAホテルって事なので、まぁ外れはないだろうし、と。

こちらはotel.comで食事付きで予約しておいたので、プリントアウトしておいたバウチャーを渡してチェックイン。otel.com経由の予約は禁煙かどうかは保証されていなかったので、念のため禁煙ルームはあいてますか、とお願いしてみました。フロントのおねーさん、とても可愛らしいけど、英語がちょっと判りにくくて一瞬ひるんだ(笑)。でも希望通りのお部屋を用意して下さいました。


お部屋のクラスは下から3番目のExclusive。案内されたのは4階のリンク通り沿いのツインで、窓越しにインペリアル・ホテルが見えました。部屋は相当広いです。パリで泊まったホテルの部屋と比較すると、天井は低いものの(それでも十分高い)、部屋はずっと広い。本当に疲れ切った時は部屋の窓際からバスルームまで遠いなーとぼんやり思うくらい(笑)。間違いなく我が家のリビングダイニングより広い空間でした。

クラシカルな調度品もゴージャスでしたし、クローゼットが2つ(ハンガーの数もたっぷり)、洗面ボウルも2つあって、とにかく全てがゆったりしてました。ここまで立派な部屋じゃなくてもよかったも、と思ってしまうくらい(笑)。もちろんベッドの寝心地も言うことなし。いくつか置いてある枕の中にすごーく薄手の羽毛枕があって、あれは気に入ったなー。ちょうどいい高さでした。大きな道に面している割に静かで落ち着きます。


101103_13.jpg 101103_15.jpg 101103_14.jpg
# クリックで拡大。

お部屋や客室階の廊下に飾ってある絵画は全て昔のウィーンを描いたもの。1つ1つ立ち止まって眺めたくなる興味深いものでした。部屋にはバスローブやスリッパはもちろん、タオルウォーマーもあって便利。タオルもたっぷり準備されていました。アメニティは洗浄系は揃ってたと思う。ボディーシャンプーしか備え付けのものは使わなかったので後はもう忘れちゃったけど、スクリーブほど至れり尽くせりではなかったかもしれない。それと、とても個人的な感傷だけど(笑)電話がMITEL製で、ロゴを見た時には超懐かしかった…。

あと、ここは、ショッピングアーケードが併設されていて、その地下にスーパーマーケット(また・笑)があるのも便利でした。ホテル自体もゴージャスだし、まさに日本人好みでしょう。ウィーン一の日本食の名店「雲海」も入っていますしね。1階には気軽に利用できる雲海のSushi Barもあって、けっこうお客さんが入っていましたよ。


ホテル関係はそんな感じかな。てことで、到着した日は買ってきたパンとチーズとワインなどで軽く夕飯を食べて、荷物の整理をして就寝。


Grand Hotel Wien
Kaerntner Ring 9, A-1010, Vienna, Austria


コメント

非公開コメント