FC2ブログ
2010/05/12

小休止

調べ物熱は相変わらずなのですが...とりあえず今すぐは動けないコトがわかったので、小休止。少しは別のことに頭を働かせないとー。

平野啓一郎「葬送」は第2部上巻まで読了。豪奢で細やかな表現が多用されているせいか、読んだ直後は言葉も感情もまるでスノードームの中の雪のようにひらひらと舞って収まりがつかないのです。その雪が地面に収まってから、ようやく次の巻に手を伸ばす..というコトを繰り返しているので、割に読むのが早い私としては珍しくなかなか読み終わりません。でもあと1巻で終わってしまうのねー。淋しいわ。

コメント

非公開コメント