FC2ブログ
2005/11/23

54分30秒

戻ってきたPBは、やはり未修理のままでした。「これは有償です」ってさ。それもまぁショックではあったのだが、追い討ちをかける出来事が。発送前には全く問題がなかった液晶画面が、ひどいちらつきのために使用不可能になってしまっていた。「有償なら諦めてそのまま使う」って選択肢がなくなってしまったんですけど(怒)。

故障部位の「ヒンジ」は、液晶に接続されたケーブルが通っている部分なので、輸送によるケーブルのダメージは確かに心配だったのよ。でも、修理しないどころか悪化して戻ってくるなんて泣くに泣けない。ので、早速サービスセンターに電話。

さすがに祝日の午後だけあって待たされました。オペレーターにつながるまで20分。修理に関する報告を聞くのと、クレームをあげてせめて修理前の状態に戻すよう頼み込んだのですが・・・何度か待たされた後に、結局有償修理しか道がないことがわかったのでした。こんなことなら、最初から有償で引き取ってさっさと直してくれたほうがよかったのに~。

ということで、50Kの出費です。いたたたた。受話器を置いたところで電話機の液晶部を見たら「通話時間:54分30秒」と教えてくれました。そのうち半分以上は保留音を聞いてたわけだけど。

今回も集荷は2日後。修理期間は1週間程度だそーです。Winくんとももう少し親密にならないとダメみたいですわ。

コメント

非公開コメント