FC2ブログ
2005/11/15

ミーシャ in SATC

世の中から後れること何年?という感じではあるけれど、バリシニコフの出演をひたすら楽しみに、SATCを第1シーズンから見ておりました。第4シーズンの途中まではlala tvの一挙放送で(笑)。それ以降はドラマも面白くなって待ちきれずに、レンタルに切り替えました。

そして・・・よーやく出てきましたよっ、バリシニコフ。第6シーズンも半ばになって。エピソード#86だって、私もよく続いてるなぁ(笑)。ロシア人芸術家、という役どころで英語もちょっとトンチンカンで、という感じなんだけど、やっぱり素敵。ああ、それにしてもお歳を召されましたなぁ。

私はリアルタイムでは彼の踊りは全くかすりもしていないけど、なぜだかずっと心のアイドル的存在で、彼の映像がDVDリリースされると聞くと買わずにいられません。つい最近も、実はバリシニコフのバレエDVDを買った(笑)。

で、一方、性格的に「ドラマはミーシャが出る回だけ買えばいいや」っていうのはどうも落ち着かない。ちゃんと最初から見て背景とかも知っておきたい訳。しかしBOXで6シーズン買いそろえる気にもならず。結局前述の通りに。

最初の頃はそんなに共感もしなかったけど、シーズンが進むにつれてすごく面白くなった。第6シーズンは最高です。特にミーシャが初登場した回のエピソードはすごく好き。とてもショックなことがあってどん底まで落ち込んだシャーロットが、あるきっかけで立ち直り、ドレスアップしてサングラスをかけてNYの街を闊歩して行くところは最高。そう、女にはどうしようもない喪失が待ち受けていることがあるのです。そこから立ち直るのには時間がかかる。年齢があがれば上がるほど、いろんな意味で。だから、涙を拭いて立ち上がったシャーロットにブラボーを。

コメント

非公開コメント