FC2ブログ
2009/08/20

すかい・くろら

雀坊堂が貸してくれた「スカイクロラ」シリーズ、ようやく2度目を読了。1回目は先が知りたくてずんずん読み急ぎ、読み終わってもちっとも消えなかった頭の中の「???」を解消すべく2度目。でも、結局「???」は「???」のままだった。なんとなく、そーゆー事なのかな、位で。

雀坊堂が教えてくれた通り、時系列順に「ナ・バ・テア」から読み進んでいった訳だけれど、「スカイ・クロラ」まで来て初めて記述されている事なんかもあるので、そこまではずいぶんゴツゴツした(知識がない状態なのでスーッと入らない、という意味で)読み心地でした。「スカイ・クロラ」は最初に書かれただけあって、とても読みやすい。2度読み前提ならば、1度目は刊行順、2度目に時系列順、って読み方でもいいのかなーと。

著者の森博嗣氏については、私は雀坊堂から先に欠伸軽便鉄道の社長さん(笑)として話を聞いていた方であって、恥ずかしながら小説の方は全く知らなかったので、「ナ・バ・テア」でクサナギがティーチャとダンスを踊る事を熱望する、まるで純愛的な記述を読みつつ「でも、欠伸軽便鉄道の人だよねー」とちょっと可笑しかったり。
でも、とても面白かったです。具体的にどうとは言えないけど戦闘シーンは美しく切なく、あまりにもかけ離れた彼らの日常と私の日常でありながら、心理描写は普遍というか。共感が幾重にも重なりました。

スカイ・クロラ
スカイ・クロラ / 森博嗣

コメント

非公開コメント