FC2ブログ
2009/08/16

ところかわれば

今日の朝日朝刊一面に「幽霊の森」天敵で救え、という記事が出ていました。アメリカのグレートスモーキーマウンテン国立公園のヘムロックツリーが枯れる原因=害虫も、駆除する虫も日本産、という見出しの記事です。

外来種が日本の生態系を破壊している、というのはよく知っているけれど、日本の種が海外に運ばれてその地域の生態系を破壊しているというのは知りませんでした。当然あるだろうと想像できる事なのに。日本原産だから、海外原産だから悪いのではなく、原産国の環境(天敵や寄生生物など)が外来種の移入先にはいなかったりするので、条件によっては爆発的に増えてしまう、、、のだそう。

興味深かったのは二面に続いていた内容。なんとワカメまでが!在来生態系を破壊する海藻とみなされているそうです。

でも、一番「おおっ」と思ったのはイタドリの写真が見られた事ですかねー。
イタドリは少し前に一気読みしたジェフリー・アーチャーの本に出てきたのですが、Japanese knotweedと呼ばれる植物なのに聞いた事もないなんて!と自分の無知ぶりに驚いていたのでした。読んでいる間にwebで調べてみたところ、やはり日本では繁殖力を問題視されるような事はあまりないのか、山菜として食べるような記述がけっこうあって驚いてました。

だから、この記事でこうやって繁殖しているんだ、というのが分かってようやく納得。

コメント

非公開コメント