FC2ブログ
2019/06/02

「印象派、記憶への旅」ポーラ美術館

感想書くのすっかり忘れてました…。先月、ポーラ美術館で開催中の、ひろしま美術館との共同企画「印象派、記憶への旅」を見てきました。印象派コレクションが充実している2館の共同企画。ポーラ美術館は数年前にも国立西洋美術館と共同企画をやっていましたが、それぞれのコレクションの特色も見せつつ新たな発見もあるのですよね。日本で他に印象派が充実しているところというと、現在休館中のブリヂストン美術館(新装開館の折にはアーティゾン美術館と名称変更予定)、山形美術館、大原美術館あたりですが、またそういった館とのコラボ展も見てみたいものです。

構成は以下の通り。
第1章: 世界のひろがり - 好奇心とノスタルジー
第2章: 都市への視線 - パノラマとポートレート
第3章: 風景のなかのかたち - 空間と反映
第4章: 風景をみたす光 - 色彩と詩情
第5章: 記憶への旅 - ゴッホ、セザンヌ、マティス

2019051900.jpg

続きを読む