FC2ブログ
2019/01/30

道後オンセナート2018

道後温泉では続いて「道後オンセナート」もパブリックアートを少しだけ見て回りました。インスタの#道後オンセナートを見てみると圧倒的に人気なのはクリープハイプのようだけれど、私はむしろ三沢厚彦さんのクマに会いたくて。

2019012300.jpg

続きを読む

2019/01/29

「冬の所蔵作品展」セキ美術館

翌日は、道後温泉にあるセキ美術館を訪問。いわゆる企業美術館のようで、創業一族が収集した美術品を公開しているそうです。地下の映像ルームで美術館のコレクションの紹介映像を見てから、1階から3階まで見て回りました。紹介映像は他にも加山又造とロダンがそれぞれ別途作られていて、この二人の作品が柱なのだなとわかります。

2019012301.jpg

続きを読む

2019/01/28

「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」愛媛県美術館

愛媛県美術館で印象派への旅 - 海運王の夢 バレル・コレクション」を見て来ました。これも次にbunkamuraに巡回するのですが、愛媛県美のコレクション展も見たかったから、強引な遠征計画を立てちゃいました。見たいものが見られて満足いく遠征ではありましたが、観光はほとんどできなかったので次回雀坊堂とのんびり訪れたいです。

2019012202.jpg

構成は以下の通り。

第1章 身の回りの情景
1-1 室内の情景
1-2 静物
第2章 戸外に目を向けて
2-1 街中で
2-2 郊外へ
第3章 川から港、そして外洋へ
3-1 川辺の風景
3-2外洋への旅

続きを読む

2019/01/27

「世紀末ウィーンのグラフィック - デザインそして生活の刷新にむけて」京都国立近代美術館

京都国立近代美術館で「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて」を見てきました。2016年に同美術館のコレクション展にクリムトの素描(2015年に一括収集したウィーングラフィックコレクション約360点の一部)が出た時、「コレクション全体のお披露目は2018年度を予定しています」と書かれていたので、それをひたすら心待ちにしていました。この展覧会は4月に目黒区美術館に巡回するけれど、どうせなら所蔵館である京都で!と待ちきれずに行ってきました。行ってよかった!

2019012200.jpg

構成は以下の通り。
I ウィーン分離派とクリムト
1. ウィーン分離派 - 展覧会と機関紙『ヴェル・サクルム』
2. クリムト、シーレ そしてココシュカ
II 新しいデザインの探求
1. 図案集の隆盛
2. デザイン研究のプラットフォーム - ウィン工芸学校とウィーン工房を中心に
3. オットー・ヴァーグナーとヨーゼフ・ホフマンそしてアドロフ・ロース
III 版画復興とグラフィックの刷新
1. 木版画の復権
2. 版画の新潮流
3. 素描の魅力
IV 新しい生活へ
1. 日常生活とグラフィック・デザイン
2. 挿画と装丁

続きを読む