2018/05/25

「ルドン―秘密の花園」三菱一号館美術館

すでに終了してしまいましたが、三菱一号館美術館で「ルドン - 秘密の花園」を見てきました。最終週は21時まで開館とのことで客足がばらけたのかな、17時過ぎに行ったけど最終週とは思えないほどゆったり鑑賞できました。

2018051703.jpg

構成は以下の通り。
1. コローの教え、ブレスダンの指導
2. 人間と樹木
3. 植物学者 アルマン・クラヴォー
4. ドムシー男爵の食堂装飾
5. 「黒」に棲まう動植物
6. 蝶の夢、草花の無意識、水の眠り
7. 再現と想起という二つの岸の合流点にやってきた花ばな
8. 装飾プロジェクト

続きを読む

2018/05/24

「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」国立西洋美術館

東京都美術館から国立西洋美術館へハシゴします。平日15時手前の西美、チケット売り場で数人待ちの列がありました。修学旅行などの団体も含め、上野一体の人出が週末並みかそれ以上だったと思いますが、西美の前庭も何だか人が多かったです。以前は閑散としてた前庭に点在するロダン彫刻も、今やすっかりフォトスポットとして定着したようで、いろんな国の方がスマホを構えていました。いいことだよねぇ。もちろん館内もみっちり。平日なのにコインロッカーがかなり埋まっていて驚きました。

2018051702.jpg

ということでプラド美術館展。構成は以下の通りです。
第1章 芸術
第2章 知識
第3章 神話
第4章 宮廷
第5章 風景
第6章 静物
第7章 宗教
第8章 芸術理論

続きを読む

2018/05/23

「プーシキン美術館展 - 旅するフランス風景画」東京都美術館

平日午後、東京都美術館「プーシキン美術館展 - 旅するフランス風景画」に行ってきました。開幕から1ヶ月、客足落ち着いたかなーと思ったら、上野の街自体が、陽気に誘われてか すごい人混み…。14時過ぎに上野に着いて、遅いお昼を食べてから回ろうと思ったのに混雑でそれどころではなく、仕方なく先に見ることにしました。お腹が鳴ると困るので(笑)、いつも通りさっさと見るよ。

2018051701.jpg

構成は以下のとおり。
第1章: 近代風景画の源流
第2章: 自然への賛美
第3章: 大都市パリの風景画
第4章: パリ近郊 - 身近な自然へのまなざし
第5章: 南へ - 新たな光と風景
第6章: 海を渡って/想像の世界

続きを読む

2018/05/19

「ヌード NUDE - 英国テート・コレクションより」横浜美術館

横浜美術館で開催中の「ヌード NUDE - 英国テート・コレクションより」を見てきました。土曜日の閉館1.5時間前。人はそこそこいるけど自分のペースでゆったり見られる程度。日本巡回が発表になってからとても楽しみにしていたので、雀さん誘って行ってきましたよ。

2017051200.jpg

構成は以下の通り。
1. 物語とヌード Historical Nude
2. 親密な眼差し Private Nude
3. モダン・ヌード The Modern Nude
4. エロティック・ヌード The Erotic Nude
5. レアリスムとシュルレアリスム The Realist and the Surrealist Nude
6. 肉体を捉える筆触 Paint as Flesh
7. 身体の政治性 Body Politics
8. 儚き身体 The Fragile Body

続きを読む