FC2ブログ
2018/02/16

「中澤弘光 明治末〜大正〈出版の美術〉とスケッチ」武蔵野市立吉祥寺美術館

武蔵野市立吉祥寺美術館で「中澤弘光 明治末〜大正〈出版の美術〉とスケッチ」を見て来ました。うちからだと、三鷹ギャラリーと並んで行きやすい美術館の1つなのですが、行ったのは初めて。平日の昼過ぎ、年配のお客さんが途切れずにポツポツと来ていました。中澤のことはあまり詳しくは知らないのだけど、以前そごう美術館と三重県美でやってた展示を見たいなーと思いながら見られなかったので。

2018021401.jpg

構成は以下の通り。
はじめに 洋画家・中澤弘光のあゆみ
1. みだれ髪かるた〜雑誌『明星』 与謝野晶子との出会い
2. 本の美術 - 装丁・表紙絵・挿絵
- 与謝野晶子著書
- その他の装丁・表紙絵・挿絵
旅の画家〜水彩画・絵葉書・スケッチ
- 日本周遊
- 海外周遊(大正6(1917)年朝鮮半島 / 大正11(1922)年ヨーロッパ周遊)
女性を描く / 舞妓の発見
中澤と同時代人との交流
竹久夢二との交流

続きを読む

2018/02/15

開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」ポーラ美術館

熱海からまたしばらく車を走らせて箱根のポーラ美術館へ。この日のプチトリップは美術だけでなくドライブも堪能。海沿いのR134から曲がりくねった山道、そしてポーラ美術館の周辺はたっぷり雪が残っていました。行きは雲に隠れていた富士山も最終的には綺麗に見られたし。

こちらでは開館15周年記念展「100点の名画でめぐる100年の旅」を見ます。100点の名画を20のテーマに分けて100年間の近代絵画の流れを見せる展示。全て所蔵品でまかなえるのがさすが。

2018021202.jpg

テーマは以下の通り。
01 大自然を歩く - 印象派前夜(1860s-1870s)
02 雲と煙 - モネとモダニスム(1870s)
03 人物の探求 - セザンヌとドガ(1870s)
04 光を描く - モネからスーラ(1870s)
05 美しき女性たち - マネとルノワール(1880s)
06 カンヴァスの上のサムライたち - 日本近代洋画の黎明(1880s-1890s)
07 印象派の向こう側 - ポスト印象派の挑戦(1890s)
08 モネ、水の世界へ(1890s)
09 1900年 - 時代は動き、芸術が変わる(1900)
10 色とかたちの冒険 - フォーヴとキューブ(1900s-1910s)
11 Bonjour!巴里 - パリと日本の画家たち(1910s)
12 美の競演 - 女性像にみる西洋と日本(1910s-1920s)
13 薔薇とキャベツ - 静物画の魅力(1920s)
14 描かれた日本のエレガンス - 洋画の美人画(1920s)
15 パリに集う異邦人たち - エコール・ど・パリの肖像(1920s)
16 魔術的芸術の魅惑 - シュルレアリスムのひろがり(1930s)
17 実りの季節 - マティスとピカソ(1930s-1940s)
18 画家たちと戦争 - 揺れる時代の絵画(1940s)
19 戦後の絵画 - 写実と抽象のはざまで(1950s)
20 それぞれの宇宙 - 描かれた幻想(1960s)

続きを読む

2018/02/14

MOA美術館 所蔵 名品展 尾形光琳 国宝「紅白梅図屏風」

MOA美術館に行ってきました。初訪問です。昨年春に杉本博司の設計でリニューアルした様子があちこちで熱く語られていて非常に興味があり、せっかくなら尾形光琳の国宝「紅白梅図屏風」が出ているこの時期に、と雀さんを誘ってのお出かけでした。

熱海駅裏手の山の上にある立地ゆえある程度の坂道は予想していましたが、曲がりくねった急な坂(そして細い道)をギュインギュイン登って駐車場へ。何かのアトラクションのようでした(笑)。午前9時30分開館で着いたのは9時45分くらいだったと思いますが、驚くほど車が入っておりましたし、次々到着する。人気があるのですね。中もそれなりに人がいました。

チケット売り場でインスタのMOA美術館をフォローしている画面を見せると100円引き(本人1人分)でした。観光地にある美術館はそこそこ高い入場料を取るけども、安くしすぎると鑑賞環境を著しく損ねるので、これくらいが適正なのかな、とは思います。熱海駅からバスで来る人は、バスとセットの割引券もあり。

2018021201.jpg

続きを読む