FC2ブログ
2017/11/08

ソフトバンクホークス日本一おめでとう!ありがとう!

ホークス、2年ぶりに日本一になりました。昨年の悔しさの後、ホークスは本当に強いチームになったと思います。大量得点で派手に勝つ試合は減ったけど、小さなプレーをおろそかにせず確実に1点を取り、失点しないチームになりました。サファテのセーブ記録がそれを物語っていますよね。

一方セリーグではベイスターズがペナントレース3位からCSでタイガース、カープに競り勝って19年ぶりの日本シリーズ進出。(だ)が大洋の頃からベイスターズファンで、一緒に試合を見るうちに私もセリーグはベイスターズを応援するようになっています。チームに勢いがあって見ていて楽しいし、入団まもない若い選手たちがどんどん活躍していく姿に、近い将来訪れるであろう黄金期を確信してもいます。だから、夢だった日本シリーズでの対戦は、思ってたより少しだけ早くそれが叶ったのだとワクワクしたのでした。


でもねー。実際開幕すれば交流戦の時のようなふんわりしたムードは何処へやらで、お互い贔屓の勝利しかないわけですよ、当然のことながら。ペナントレースの時のような試合を見ながらの軽口も叩けません(笑)。勝っても負けても互いに気を遣い、いつしか二人とも無言で試合を見守っていました。

11月まで野球を楽しめるのはほんの一握りの野球ファンなわけで、それを夫婦共に当事者として味わえるのは本当に幸せなこと。ベイスターズは強かったし、ホークスもチャンピオンの名に恥じない戦いを見せてくれました。でもしんどい、しんどすぎる。もう日シリでベイスターズと対戦するのは嫌(笑)。

ホークスの日本一を見守って数日、我が家にも(大げさでなく!)平穏な日々が戻ってみれば、できれば次回はペナントで優勝したチーム同士、CSを勝ち抜いたベイスターズと対戦したい…という気持ちもあります。でもその時は、もう1台テレビを買って別の部屋で見ようかなと思うけど。ふふ。


続きを読む

2017/11/04

開館記念展Part 1「生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて」富山県美術館

富山県美術館の開館記念展Part 1「生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて」を見てきました。前身の富山県立近代美術館から場所を環水公園近くに移た、内藤廣デザインの美しく開かれた美術館です。待ちに待った開館記念展は、内外から優品を集めた見応えある展示。体調や天候などの関係で会期終了間際に弾丸で訪問しましたが、行ってよかったです。

2017110302.jpg

開館時間の15分くらい前についたのに、すでに人の姿も多く。スーツ姿の視察と思しき団体さんもいたし、観光バスで乗り付けたご老人たちの姿もあり、観光地としての役割もあるのかな、と。まずは朝8時から夜10時まで入れるオノマトペの屋上へ。「ぐるぐる」とか「ぶりぶり」とか名前のついた遊具?アート作品?が並んでいましたが、この時は子ども率0%。どんな風に子供達が遊ぶのか、見てみたかったな。

2017110303.jpg

良すぎるくらいのお天気でしたが、立山連峰方面は雲が厚く少し霞んでいました。しかも逆光。もう少しするとくっきり冠雪して綺麗に見えるでしょうね。手前は世界一美しいスタバがある環水公園です。

2017110304.jpg

開館時間になったので1階のチケット売り場に向かうと行列ができてました。お年寄りへの説明に時間がかかっていたみたい。開館直後は人が集中するから、こういうことが起こりがちですよね。


続きを読む