2016/10/16

2016年シーズン終了…

今日10月16日をもってホークスの2016年シーズンも終了。今年の前半は東浜や今宮の覚醒とかキドコロの交流戦MVPとか、ポジ要素満載で野球を見るのが本当に楽しかった。日本に戻ってきたわっちも見事な活躍をしてくれたし、千賀も岩崎もよかったしねぇ。でも日ハムには全く勝ち越せず(今年日ハムに戻った吉井コーチの存在が日ハムとのパワーバランスを逆転させたと思っている)、結果二位でレギュラーシーズン終了。

ならば因縁のCS勝ち上がりを経験してやろうじゃないのと思っていたけれど、それも叶わず。終わってみればデホの不在がじわじわ効いて、ギーちゃんの回復遅れや相手チームの対策も影響したのかな、と。そう考えればがんばったよねーとも思うのだけど、なまじ大量リードで首位にいただけにショックではあります。選手&スタッフのみなさま、1年間本当にお疲れさまでした。来年はまた歓喜の胴上げをお願いします。

今年はベイスターズの試合を見るのも楽しくて仕方なかったわ。何ですか、あの若手左腕王国は。負けてるなーと思っても逆転してくれるし、ベンチの雰囲気もよくて。今年はベンチにいた篠原投手コーチも最初こそ猫背でマウンドに向かう姿がイケてなかったけど、後半は板についてきたような。


そしてこのオフも、戦力外や引退の報せが淋しい。筆頭は番長だけど、タムさま、渚、井手正の戦力外もかなりショックを受けてます。タムちゃんホークスのお仕事してくれないかな…。ホークスにいた中では他にも大場と金無英が戦力外になっている他、オリックス山崎も限度額以上の大幅減を提示されているとのこと。…さみしいね。ホークスも全日程が終了したので一両日中に第2弾の通知があるのかも。ヤな季節だ…。

引退した三浦大輔投手については、CSファーストステージ突破後のチームメイトたちとのピッカピカの笑顔を見たら、何かほっとしちゃった感もあり。第2ステージ進出を決めた東京ドームで、ユニフォーム姿で笑顔でグラウンドを走っていく姿もジーンと来たよねぇ。余談だけどこの写真、CSで一軍登録された藤岡が一緒に収まっているのが嬉しい。番長ありがとう〜。笑顔大賞は元ホークスジュニアの高城にあげたいですが、ザガースキーも負けてないし、つっつの笑顔も好き(笑)

ホークスジュニアといえば、6代目監督に馬原が就任したんですよね。↓この背番号14の写真を見た時、鳥肌が立ちました…。医療スポーツ専門学校でのお勉強もハードだと思うのですが、やっぱりユニフォーム着てくれてると安心する。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。