2016/05/30

ざっくり書き:広島県美/ひろしま美術館/山口県美

次は広島3つと山口。広島は、「行けば あなご飯を買って帰れる」という大きな魅力があるので(笑)、何かと旅程に入れたくなるのでした。2月に行った時は福屋で買ったので、4月久々に三越の地下に行ったら、大リニューアルされててビビりました。前は階段降りてスグのところにあったんだけど、今は一番奥に移動して、イートインスペース付き!に。宮島口の本店まで行かなくてもできたてのあなごめしが食べられるようになったのは朗報。超朗報。次回からはイートイン必須だね。


続きを読む

2016/05/29

ざっくり書き:九博/福岡市美

美術展の図録・チラシ・ポストカード類や、各種DVD/Blu-rayなどは、感想を書いてから所定の位置へ収納、というのが私の基本的なお片付け方針です。現在は映像メディアも紙も本も大きな山が出来ていて、いい加減ストレスも溜まるというものなので(もちろん自業自得)せめて紙ものだけでもどーにかしようと思います。

まずは福岡の分から。


続きを読む

2016/05/02

やまぐちけんび

先日初めて山口県に行ってきました。東京で見そびれたラファエル前派展を見に山口県美に行ったんですけど(時間とお金が掛かってしまったわ…)、よい美術館でした。フロア移動は全てスロープになっていて、それが気持ちの切り替えにちょうどいい感じ。企画展示室内の階移動もスロープで、上のフロアから下の展示を眺めたりもできてよい感じでした。東京や名古屋の会場より好きかもしれない。平日にもかかわらず客入りもよくて、鑑賞リテラシーも高い印象。とても居心地よかったです。

お目当ての企画展も大充実で「これも来てたのか!」の連続。大満足です。見逃さずに済んで本当によかった。(別途感想を書く予定)

コレクション展は「美術にみる女性像」のコーナーが印象に残りました。川原舜による「オペラ座のダンサー パリ」というプリント、モデルはショーヴィレかな?と思ったけど確信はなし。そもそもこの時代のパリオペのダンサーを他に知らないのだ…。

展示室Cの日本画などは、手前に畳敷きの鑑賞スペースがあって、そこに座って(疑似お座敷、的な)ガラス越しではあるけれど、ゆったり見る事ができるようになっていました。時間が押していたので座って見ることはしなかったけど、こういう工夫はよいですね。

中庭を臨むカフェもよかったですよー。図録見本があったので、それを見ながらケーキとコーヒーで一息。美味しかったです。

うちからは余りに遠い場所なんだけど、機会があればまた行きたいなぁ。近くに温泉もあるので、温泉とふく料理を組み合わせて雀さんを誘うのもいいなと思っております(笑)。