2016/01/25

「神々の黄昏 東西のヴィーナス出会う世紀末、心の風景、西東」大分県立美術館開館記念展vol.2

24日で会期終了してしまいましたが、大分県立美術館開館記念展vol.2「神々の黄昏」を見てきました。”東西のヴィーナス出会う世紀末、心の風景、西東”という副題がついたこの展示には、ウィーンからグスタフ・クリムトの《ヌーダ・ヴェリタス(真実の裸身)》が来ていて、私はそれを目当てに行った訳です。


16012401.jpg


板茂による建築も楽しみでいずれ行くだろうと思っていたのですが、クリムトが来るなら今回がいい機会かなーと。正直最初はコンセプトにもそんなに心惹かれなかったし、大分県立美術館のかっこいいけど使いにくいwebサイトには知りたい情報も掲載されていないしで、今ひとつ乗り気にもなれずにいたのですよね。

かなり長い間決断できずにいたのですが、そうこうしているうちにwebサイトは段々と使いやすくなって必要な情報にたどり着くのが簡単になり出品リストも掲載され、こういう細かいアップデートをするのはいいなーと思って。どうやら私の好物である20世紀の西洋絵画は少なくて、郡山市美からムーアとウォーターハウス、それと熊本県美のビアズリー「サロメ」が何点かとという感じだったのですが、逆に出品作品のラインナップが多岐にわたっていることに興味をかきたてられて、結局ほいほい出かけてしまったのでした。

構成は以下の通り。
Ⅰ章 見えざるものへのまなざし
Ⅱ章 物語を紡ぎ、再び生み出すこと宇佐
Ⅲ章 女神たちの⻩昏


16012400.jpg

板茂さん設計の建築も主役、ですね。こちらは一階展示室入り口。二階の硝子張りのスペースはカフェ。

スポンサーサイト

続きを読む

2016/01/24

テンプレート変えてみた

FC2に移ってきてからずっとテンプレートが一緒で、10年以上「千秋さまー」と言いっ放しだということを先日認識しまして(笑)、しかもスマホ用テンプレもインストールせずにいたことも判明したので、レスポンシブデザインのテンプレを導入してみました。もうカスタマイズとかする気力もないから、ヘッダーの高さと色だけ変えてみた。

「千秋さまー」の部分はpendingとして、とりあえずこんな感じでやってみます。これでスマホで見る時も画像がリサイズされるハズ。あとIE8以下は非対応らしいです。IE自体がMac非対応なので、最新バージョンのIEがいくつかも知らないんですが、大丈夫ですかね、ご覧になれますでしょうか。


ってこの話だけではナンなんで。
雀さんが毎年お仲間とお祭り騒ぎをする京王駅弁大会でございますが、今年は私も例年より少し多めに味わう事ができました。のどぐろと香箱蟹弁当、牛肉どまんなか、うえのの穴子飯、と一流品をご馳走になりましたですよ。そして、念願の江川の水ようかんも!もちろん五家宝もいただきました。幸せ。

12月頭の四国旅以降、ちょっと食べ過ぎなので、そろそろセーブします…。


16012402.jpg

本文とは全く関係ありませんが、これは大分博多間移動のソニック車内でいただいた「大分づくし」。購入後にりゅうきゅう丼とか豊後牛ステーキ弁当とか見てしまって、チョイス早まったかなーと思っていたけど、名物たっぷりで美味しかったです。

2016/01/23

徳島香川旅行 番外:大塚国際美術館

徳島香川旅行の初日に行った、鳴門市にある大塚国際美術館の感想です。

こちらは大塚製薬創立75周年事業として設立された美術館なのだそうです。トリップアドバイザーの2011年「行ってよかった美術館&博物館ランキング」で1位になり、日本一入館料が高い(大人3,240円)のに展示されているのは全てレプリカ、といった煽りで昨年ちょっと話題になったスポットでもあります。

今年話題になったのは美術館側がSNSでそのように仕掛けているのが大きいと思うのですが、私も1-2年前に読んだ美術系雑誌で「怖い絵」の中野京子さんがオススメされていた記事を読んで興味がわき、いつかは行ってみたいと思っていたのでした。(まーそれも美術館の戦略の一環だと思うんですけどね、中野さんと美術館は一緒に企画などされていますし)

それまでは「レプリカの並んだ美術館」という説明に対し、蝋人形館的な場末の観光施設をイメージしておりました。雀さんに最初に「こういう場所があってね」って話した時の反応もそんな感じだったものなぁ。だから今回一緒に行ってくれると聞いて、ちょっと嬉しかったです。


続きを読む

2016/01/22

徳島香川旅行04

結局お昼はパスして(とはいえ甘い物をがっつり食べたので十分でしたけどね)お宿に戻りました。お借りした杖、忘れずに帰れてよかったです(高橋由一館から出る時が危なかったw)。

ここのお宿は大浴場も露天風呂もあるのですが、私たちは結局部屋のお風呂しか使いませんでした。今まで部屋露天のあるところにもそこそこ泊まっていますが、ここのお宿ほど「外から見える」事に対して気を遣っている部屋露天はなかったと思います。おかげで快適でした。


15120601.jpg


続きを読む

2016/01/21

徳島香川旅行03

仏生山から再び電車に乗りますと、これが ことでん100周年記念の車輌?だったようで、2両編成の一番前と一番後ろにそれぞれ、琴電のキャラクターことちゃんとことみちゃんのぬいぐるみが座っていました。(知らなかったけど、既にこの時ことみちゃんは経産婦だったらしい…)

乗車したときはことみちゃんの隣にピンク色のワンピースを着た女の子が座っていて、ことみちゃんの手(?ひれw)をギュって握ってたのね。で、その姿があまりにも「おそろい」っぽくて、あのぬいぐるみはもしかしてあの女の子の私物ではないかと思ったくらい(笑)。


15120510.jpg
お友達が下車してしまい、淋しそうなことみちゃんw


続きを読む

2016/01/20

徳島香川旅行02

2日目。朝ごはんはホテルのビュッフェでいただきました…が、私、前日やっぱり食べ過ぎたようで胃が重たい。ごく軽めにいただきました。

早めにチェックアウトして、まずはホテル目の前の玉藻公園、つまり高松城址へ。玉藻公園前の緑地帯にジュリアン・オピーの彫刻がありました!事前にちょこちょこ観光情報調べてたけど、これは知らなかったー!予測してなかっただけにテンション上がりました。香川県の高級石材「庵治石」で作られたこの作品は、この11月に設置されたばかりなのだそうです。


15120501.jpg
左上と右下が私。右上と左下が雀さん写真。


続きを読む

2016/01/19

徳島香川旅行01

昨年12月初旬、二泊三日鳴門高松琴平の旅に行ってきました。例によってマイル消費…で、わたくし四国本土(?)初上陸。小豆島は高校の修学旅行で訪れているので香川県に来た事はあるのです。小豆島、、東京から修学旅行先にはあまり選ばないよね。京都と組み合わせる旅行先はアンケートの結果で決まった気がする。

スケジュールとしては、ざっと以下の通り。
1日目:東京→徳島(大塚国際美術館)→高松(夕食・宿泊)
2日目:高松→琴平(金比羅宮・宿泊)
3日目:琴平→高松(栗林公園ほか)→東京


15120400.jpg


続きを読む

2016/01/15

大分福岡弾丸

鳴門高松琴平の旅の事を書く前にサクっとこちらを書いちゃいます。
年明け早々に雀さんの出張があり(お疲れさまでした!)、それならば、と以前より行きたいと思っていた場所にひょいっと行って参りました。大分県立美術館、OPAMです。大分出身のバレエダンサー首藤康之さんがこの空間で踊った「踊るミュージアム」というプロモーションビデオ(桐島ローランド撮影)がとても印象的だったのを覚えています。


続きを読む

2016/01/01

年のはじめに。

あけましておめでとうございます。

昨年は更年期なのか何なのか気持ちがふさいだり体調が思わしくなかったり。自分でも少々もてあましていたのですが、今年はそんな状態とも上手く付き合っていきたいものです。


ギエム最後のボレロを見て泣きながらの年越しでした。東急ジルベスターの中継は例年 越年のお祭り騒ぎが賑やかで楽しいのだけど、流石に今回それをやられたらと心配で仕方なくて。もちろん冷静に考えれば、ギエム本人が心から納得しなければ今回の出演もなかったハズだし、よいものが見られると期待して待っていればよかったのですけれど。

実際、これ以上ない程にギエムがこの赤い円卓に立つ意味を尊重してくれた演出になっていて、テロップが出るタイミングや控えめなカウントダウンを見ても涙…という事態に(笑)。ホントに制作&中継スタッフのみなさんには感謝しかない。ありがとうございました。ギエムが踊り終わった後にいつも見せる心からの笑顔も、最後にまた見られて幸せでした。ギエムにも心からお礼を言いたいです。


12月頭の旅行以来、かーなーりー太った感があるので、まずは体重を元に戻すところから始めましょうかね。健康に留意して今年もみなさんお幸せさまで参りましょう。今年もよろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。