2015/06/24

即決しないと言ってたくせにー

LDセットを買いました。最近割と増えてきた、テーブル高65センチ前後でゆったりと座るタイプのセットです。理想の椅子に出会うまで約半年。サイズとか予算とかその他もろもろの条件のすりあわせの末に、テーブルも同じシリーズで揃えると決断するまでには更に約1年くらい掛かった気がします。期間はあまり覚えてないのでテキトーですけど(笑)とにかく時間かかりました。

更に長期戦になる可能性もあったのですが、雀さんの腰の状況と、メーカーが7月から値上げするというタイミングもあって、取り急ぎテーブルとチェア2脚だけでも確保しよう、ということに(まだ椅子4脚分の予算はなかった・笑)。ずっと定番商品を作り続けているところなので、買い足し化なのがありがたい。

木と張地の種類、それとテーブルのサイズや脚の種類などヴァリエーションがあるので、まずは最終確認。そして1週間後に購入しましょう、という打ち合わせをしてから お店へGo。


お目当てのメーカ−さんのコーナーにたどり着くと、ターゲットの椅子を含んだセットが展示品処分のお得プライスになっていました。テーブル+チェア4脚の値段が、私たちのテーブル+チェア2脚分の予算より安い。あら…?今 何か雲行きが変わったような(笑)。

展示品…展示処分品って買った事ないけど、目の前にあるソレは無視するには魅力的すぎるので、深呼吸してからチェックを開始します。テーブルも椅子も傷や使用感は見受けられない。1カ所だけ張地から糸が出てたけど、これは自分で処理出来るから問題視しなくてよいかな。

木とチェアの張地とテーブルのサイズは希望通り。1点だけ希望と違うのはテーブルの脚で、現品は筋交いで短辺側に座る事を考慮されてないタイプ。えっと、これまでずっと苦労して探してきたのは短辺側にも座れる4本脚タイプなんですよね…何でコレ4本脚じゃないんだろう〜

頭の中で配置をシミュレーションしまくった結果、これも巡り合わせな気がして、こちらを買ってしまいました。希望と違う脚は…まぁ短辺側に座らなくてもいいように、リビングのレイアウトを少しずつ変えていくのかな、と(笑)。

冷静になってからも、あのチェア4脚+テーブルをお得に買えて良かったわ!としか思えないので、決断は正解だったと思うのですが…となると、あんなに厳しい条件で探しまくった日々は一体何だったのでしょうね。壮大なる回り道。

でもま、大切に末永く愛用していきたいと思います。到着が楽しみだー。その前にリビングのワックスかけ直そうかな…

スポンサーサイト
2015/06/16

トニー賞→カール・フィリップ

だいぶ放置期間が長くなりました。5月は1度も更新しなかったんだなー。。

前記事で話題にしたトニー賞の授賞式もとっくに終わってしまい。もちろん、そちらは視聴しまして大いに楽しみました。私は何よりバレエファンなので、セレモニー内で披露されるダンス要素の強いパフォーマンスがとても楽しみだった訳ですが、でも、終わってみるといつも圧倒されるのは「声」で。今回もそうでした。ダンスも夢中になって息を詰めて見るのだけど、声の方がダイレクトに人の心を掴みやすい。。それがもどかしく感じたりもしました。でも、十分に堪能しましたとも。


結局美術館にはその後も全然行けてなくて、低空飛行の日々が続いています。いろいろ見逃して痛恨だけれども、、、致し方なし。

トニー賞後のワタクシのハイライトはスウェーデンのカール・フィリップ王子の結婚式でした。ロイヤルウェディングとしては語り草になるかも、というユニークさ。そして列席者があんなにも満面の笑みで二人を見守るセレモニーもそうない気がする。

次はカシラギの次男坊ですかねー。プリンスではないから中継の類はないだろうけど、ゴージャスなお式の写真でも見られたらいいなーと。ワタクシとしては今後も、デンマークはヨアキム王子の息子、ニコライとフェリックスに注目し続けたいと思いますデス。

Prince Nikolai of Denmark|Getty Images
↑今のところ一番上に表示されている写真が今年の4月。だいぶ成年成分強めになってきたニコライ王子が今後も美しくありますようにと見守るのだ(笑)。フェリックス王子はまだしばらく大丈夫(何が?w)そうだけど、でも年々ヨアキム色が強くなってきてるねー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。