2015/01/25

「ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰」パナソニック汐留ミュージアム

2014年最後に見たのは、パナソニック汐留ミュージアムで見た「ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰」展でした。なんか、凄い大ヒットだったらしいですよ。会期末は連日大混雑で入場制限などもあったよう。図録も売切って話だし、凄い人気なんだねぇ、キリコ。私は平日夕方だったので、快適鑑賞でした。

chirico.jpg


構成は以下の通り。
1. 序章: 形而上絵画[メタフィジカ]の発見
2. 古典主義への回帰
3. ネオバロックの時代 - 「最良の画家」としてのキリコ
4. 再生 - 新形而上絵画[ネオ・メタフィジカ]
5. 永劫回帰 - アポリネールとジャン・コクトーの思い出


続きを読む

2015/01/24

「チューリヒ美術館展」国立新美術館

これも昨年の分。国立新美術館で開催されていた「チューリヒ美術館展」にいってきました。これも日本とスイスの国交樹立150年記念の美術展ですね。おかげで2014年はすっかりスイスに行きたい熱が上がってしまいました。

こちらも終了間際だったけど、時間帯のおかげで割とゆったり見られました。一巡りしてから第一室に戻ったらもうけっこう人が多かったから、タイミングがよかったんだと思う。

zurich.jpg


構成は以下の通り。
1. セガンティーニ
2. モネ
3. ポスト印象派
4. ホドラー
5. ナビ派
6. ムンク
7. 表現主義
8. ココシュカ
9. フォーヴィスムとキュビスム
10. クレー
11. 抽象絵画
12. シャガール
13. シュルレアリスム
14. ジャコメッティ


続きを読む

2015/01/23

「夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ」Bunkamura ザ・ミュージアム

12月頭に見た美術展のメモ、どんなつたないメモでも書かない事には次に進めない性分ゆえ(笑)今更ですが残しておきます。覚えてるかな…


まずはBunkamura ザ・ミュージアムで開催されていた「夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ」展。これね−、想像以上によかったです。日本人のとある収集家のコレクションで構成されたものだそうですが、佳品揃い。

会期終了間際のザ・ミュージアムは避けたいところの1つだったのだけど、時間帯のせいか意外に空いていて快適鑑賞でした。

frenchpaintings.jpg


構成は以下の通り。
第1章: 印象派とその周辺の画家たち
第2章: 革新的で伝統的な画家たち
第3章: エコール・ド・パリの画家たち


続きを読む

2015/01/21

今年もよろしくお願いします、の遅いご挨拶

もう1月も20日を過ぎたというのに、旧年中の記事がいつまでもトップで失礼致しました。今年もどうぞ宜しくお願いします。雀さんが年明けから有言実行で毎日ブログ更新するのを感心しつつ愛読していて、自分のブログの事を忘れていました。


最近のトピックスといいますと、アレですね、私、この歳になって初めてぜんざい/あんこを煮ました。底の厚い鍋を使うと割と簡単に柔らかくなるものですね。圧力鍋でも楽そうですが、私は圧力鍋を普通の鍋として(圧は掛けず)煮ています。こんなに簡単なんだーと敷居が消えました。

そして知ってしまったのです、家にあんこがある幸せを(笑)。やばいっす。今日、通算3袋目の小豆を買ったのですが、煮るのは2月に入ってからにしようと思います…。砂糖の消費量が桁違いの1月。←それは煮りんご作ったりもしてるから。


以前はあんこ食べたいなんてほとんど思わない人だったのに、着々と昔よりあんこ好きになっていますね。今年はとうとう「そうだ、自分で煮よう!」って思い立っちゃったもの。1つには歳のせいかと思いますが(はうん)、無理にでも理由を探しますとウチは会話にあんこが出てくる確率がけっこう高い、っていうのもあるのではないでしょーか。私の人生で9割以上の「あんこ会話」はダンナが相手だと思うの。その辺りから洗脳されたに違いない。

雀さんはこしあん原理主義者だという事も、あんこ煮ようと思わなかった理由かもですね。しかし「あれば食べる」というのも分かってきたので、気にせず煮ています。実際、ちょいちょい食べているようですし。ちなみに私は粒あん派。自分で作ると好きな甘さ好きな粒コンディションに調整できるのもよいですね。

こしあん作るのは面倒そうだけど、夏になったら水ようかん作りたいなーと割と真剣に思っております。

でもその前に、この冬こそ江川の水ようかんが食べたい。(食べものの話は筆もといキーボードを打つ指が進むね、の新年一回目更新)