2014/10/27

「華麗なる英国美術の殿堂 ロイヤル・アカデミー展 ─ターナーからラファエル前派まで─」東京富士美術館

東京富士美術館で開催中の「華麗なる英国美術の殿堂 ロイヤル・アカデミー展 ─ターナーからラファエル前派まで─」を見てきました。ここに行く時は雀さんに車を出してもらって週末に行くのが定番だったのですが、「光の賛歌」展の時に週末激混みで閉口したので まずは開始直後の平日に行ってみよう、と八王子からバスに揺られて行って参りました(つまり、もう1ヶ月以上前の事…)。早々に見た事、よい美術展だった事に満足しきって、すっかり感想書くのを忘れてました。

すっごい面倒な場所にある印象がありますが、遠征先でのバス利用に比べたら楽勝でした(笑)。まぁうちは八王子そんなに遠くないですからね。都心からはるばる八王子まで来る方はその時点でへとへとでしょうから、更にバスっていうのはね…。そのバス便は15分に1本くらい?他のルートも合わせるともう少し多いのかな。乗っている時間も15分前後だったかと。アクセスのよい都心の美術館とは比べものにはなりませんが、私からすれば十分許容範囲でした。

構成は以下の通り。
1. 設立: 名声への道、1768-1837
2. 国家的地位の確立、1837-1868
3. 名声と繁栄、1867-1895
4. モダンの受容: 黙認と妥協、1895-1918
5. アーティスト教育


roac.jpg


スポンサーサイト

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。