2014/04/30

「ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900」三菱一号館美術館

終了間際ではありますが、三菱一号館美術館の「ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900」展に行ってきました。

beautiful.jpg


この美術展は2011年から2012年にかけてロンドンのヴィクトリア&アルバート、パリのオルセー、そしてサンフランシスコのリージョン・オブ・オナー、という3館で開催された「Aestheticism - The Cult of Beauty」を元に、V&Aの企画協力で日本向けに再構成したもの、だそう。

既に終わってしまったラファエル前派展(そーいえばアチラも『日本向け再構成』でした…)と重なる部分もあって、どの作品にもみっちり詰まっている美意識を堪能しました。今年はイギリスからの企画展が大変充実していておりますね。

展示の素晴らしさはもちろんですが、図録もよかったです。装幀の素晴らしさもさることながら、厚さの割に軽く紙もめくりやすくて「読む」事をよく考慮されたよき図録でした。こういうの凄くありがたい。永久保存版にします。


構成は以下の通り。
第1章: 芸術のための芸術 Art for Art's Sake
- 序
- 「美術職人集団」
- 新たな美の探求
- 攻撃 - 「詩の肉体派」論争
- 遠い過去、遙かなる場所 I ジャポニズム
- 遠い過去、遙かなる場所 II 古代文化という理想
- ホイッスラーとゴドウィン
- ホイッスラーのエッチング
第2章: 唯美主義の流行 Spread of Aestheticism
- 唯美主義運動とグローヴナー・ギャラリー
- 「美しい人々(上流人士)」と唯美主義の肖像画
- 「ハウス・ビューティフル」
- 「美術産業製品」 - 唯美主義のデザイナーと営利企業
第3章: 世紀末芸術に向かって Towards 'fin de siecle'
- オスカー・ワイルド、唯美主義運動と風刺
- 「美しい書物(ブック・ビューティフル)」
- 唯美主義におけるデカダンス
- 輝かしい落日 - 唯美主義後期の絵画と「ニュー・スカルプチャー」


続きを読む

2014/04/23

白→黒、重→軽

また広告出しちゃったので、慌てて書きますデス…。

ヘアサロンで白髪を染めてきたのですが、やはり増税で支払金額が2K近くあがっておりました。美容師さん曰く、3月最終週は鬼のように忙しく、4月の第一週は客足ぱったりだった、と。そして今週はGW前でまた忙しいのだとか。そーでしょうねぇ、私もGW前にって思っての予約だったし。

へたった髪質はほとんど復活。ハリコシ凄いよ。逆にうっとうしくなるくらい丈夫な髪になって、小学生の頃みたい。ハンドドライだけで(髪自体の重みで)まとまるのはありがたいのですけど、毛量が多すぎてドライヤー掛けが大仕事。ということで、ちょっと軽くしてきました。髪型自体は気に入ってるから、しばらく続ける気がする。意外にもボブの方が白髪が目立たないっていうのもあるし。


そして帰りに、メルヘンのサンドイッチ久しぶりに買っちゃった。でもさー、苺サンドはやっぱり子供の頃から食べてたサンケイが好きなんだわーと改めて。今はだいぶ出店形態が変わってしまって近くにお店がなくなっちゃったんだよねー。……っと思ったらすぐ近くにあるじゃん!最近寄ってなかったから全然知らなかった。近々行かねばだわ。