2014/03/21

「レオナール・フジタとパリ 1913-1931」岡山県立美術館

IMG_0087.jpg


さて、遠征最後です。
元々の予定には入れてなかったのですが(既に見たものなので)、帰りのフライトまで時間が余ったで最後にあと一カ所まわる事にしました。岡山駅から路面電車に乗って、岡山県立美術館へ。「レオナール・フジタとパリ 1913-1931」展です。実はこれ、去年静岡に遠征して見ているのですが、愛知の常設でフジタを見た事もあって、ちょうど上手く輪が閉じるなーと思って。

せっかく岡山行ったなら後楽園とか岡山城に行けばいいのにって思われるでしょうが(笑)、行った事はあるのですよ。高校の修学旅行なので相当昔ですけど。それに、こういうところはやっぱり連れと一緒の方が楽しいもんね。

岡山県美、初訪問です。フジタの展示自体は、静岡で見たものとほとんど一緒なので感想は省きますが、個人蔵が多いこの美術展、再訪しといてよかったなーと思っています。以前見た時にとっても気に入った「…風に」の連作は、やっぱり今回も笑いを堪えるのがつらい程に楽しく、フジタの観察眼と特徴を捉える巧さに感心。


続きを読む

2014/03/20

「まだまだすごいぞ!大原美術館」

14030601.jpg


大原美術館に行ってきました。嬉し恥ずかし倉敷初訪問。倉敷は夫婦でいつかと思っていたのですが、大原美術館の「まだまだすごいぞ!大原美術館」というテーマ展示がどうしても見たくて、お仕事絶賛修羅場中の雀さんを置いて一人で行ってしまいました。ごめんよー。

いやー行った甲斐がありました。なんというか、、、恐れ入って平伏したくなります。団体さんもわらわら入場する立派な「観光地」でありながら、美術館としての品格も全く損なわれていない。大声で話す人には監視員さんがすーっと近づいてにこやかに諫めるし、館内で2度もチケット落とした(ばか)私への対応も申し訳ないくらい素晴らしくて感激しました。

心配していた団体さんたちも、絵に興味がなければぐるっと早足で見て通り抜けていくので、美術愛好家との住み分けは何となく出来ているみたい。非常に快適に鑑賞することができました。


キャプションも適度な親しみやすさがあって分かりやすいし、置いてあるものは西洋美術の名品から陶芸の名品から現代アートにオリエント美術まで幅広い。何となくルーヴルを思い浮かべましたですよ。規模はずっと小さいから数時間で全部見てまわる事はできますが、コレクションの幅広さ懐の深さ。これだけのコレクションが私立で存在してる事が凄いし、しかも日本で最初の西洋美術を展示する美術館なんですよねぇ。

何でもっと早く来なかったのだろう……。この場所を知ってしまったからには、もう、事ある毎に訪れたいです。事(何?w)がなくても来たい。できたら次は、モネの睡蓮が咲いている時に来たいなぁ。それか、有隣荘の特別公開の時でも。いや、もういつでもいいです。明日でも行きたい。


大原美術館は、本館、工芸・東洋館、分館、児島虎次郎記念館、の4館プラス、普段はクローズしている有隣荘(年2回特別公開)から構成されています。一般の入場料は1,300円で、スタンプが押されていない館は当日でなくても後日入場可能。4館全てのスタンプが揃ったら、ミュージアムショップで記念品がいただけますよ。

大原美のサイトでアンケートを記入してプリントアウトし持参すると割引になる他、私は「おかやま旅ネット」というサイトでクーポンを見つけたので、それを利用しました。


続きを読む

2014/03/19

「知られざるミュシャ展 故国モラヴィアと栄光のパリ」

回収3つめ。岡山シティミュージアムで「知られざるミュシャ展 故国モラヴィアと栄光のパリ」を見てきました。チェコの個人コレクション(チマル・コレクション)を中心に構成したもので、日本初公開のものが多かった模様。初めて見る作品が多かったので、その点はよかったです。

駅からペディストリアンデッキで直結のビルにあって、アクセス良好。ただ、出品リストが置いてないのはいただけないわ。どっちにしても図録は買うつもりでいたけど、スポンサーの個人情報取得?アンケート手渡す前に出品リストくらい用意せんかー。


muc.jpg


構成は以下の通り。
第1章: 旅の始まり
第2章: パリのイラストレーター
第3章: 演劇に魅せられて
第4章: ポスターと版画 - ミュシャ様式
第5章: スラヴ民族の精神
第6章: 国家と人類愛のために


続きを読む

2014/03/18

「ターナー展 英国最高の風景画家」

これも東京で見そびれたものの回収。神戸市博物館でターナー展を見てきました。正直、以前見た「英国水彩画展」でターナーはお腹いっぱいと思ったりもしたのですが、やはり回顧展は別もの、と思い直して行ってきました。テートのターナーには、以前美術番組で見て衝撃を受けた事もありましたし。

ちなみに、東京展に出品されていた「嵐の近づく海景」(東京富士美術館)と「風景:タンバリンを持つ女」(栃木県立美術館)は神戸展には巡回せず。富士美のは何度も見たことあるからいいけど、栃木県美のは見てみたかったなぁ。いずれチャンスがあるといいのだけど。

雨の降る日の朝イチで最初の方は人溜まりがありましたが、そこを抜けて快適鑑賞してきました。


jmwt.jpg


構成は以下の通り。
初期
「崇高」の追求
戦時下の牧歌的風景
イタリア
英国における新たな平和
ヨーロッパ大陸への旅行
ヴェネツィア
色彩と雰囲気を巡る実験
後期の海景画
晩年の作品


続きを読む

2014/03/17

「印象派を超えて - 点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで」

昨年東京で見られなかった「印象派を超えて - 点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで」を愛知県美で見てきました。昨年秋の東京を皮切りに、広島、名古屋と巡回。駅直結の国立新美術館で見るのも悪くはないのですが、愛知県美で見る愉しみは、質の高い展示と充実した鑑賞ガイド、そして企画に関連させた常設展示があること。今回も十二分に堪能しました。


impre.jpg


構成は以下の通り。
1. 印象派の筆触
2. スーラとシニャック - 分割主義の誕生と展開
3. ゴッホと分割主義
4. ベルギーとオランダの分割主義
5. モンドリアン - 究極の帰結


続きを読む

2014/03/16

「シャガール展」

静岡市美術館で開催中の「シャガール展」行ってきました。今回はパリ・オペラ座ガルニエ宮の天井画やフランス各地の教会のステンドグラス、メトロポリタン歌劇場の壁画など、シャガールが手掛けたモニュメントの下絵などを中心に紹介するもの。昨年6月末の札幌を皮切りに、仙台、広島、静岡そして名古屋と巡回するのですが、また東京には来なーい。ということで行ってきましたですよ。もうシャガールお腹いっぱい……って思うんだけど、ガルニエ宮の天井画って聞いたら行かない訳には。

遠征にあたっては静岡か名古屋のいずれかへと決めていて、常設も絡めて面白いものが見られるハズの愛知県美に行くつもりで予定を組みつつあったのですが、結局は他との兼ね合いで静岡市美へ。静岡市美も駅から近いし綺麗だし、見やすくてよい美術館ですよね。東京から余裕で日帰りできるし。


chag.jpg


構成は以下の通り。
第1章: 祝祭の空間 - 色彩の交響
第2章: 精神の光 - 祈りの造形
第3章: 南仏での安息 - 晩年の境地


続きを読む

2014/03/12

「シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界」

これも1ヶ月以上前に観て、もう東京での展示が週末で終わってしまったのですが……「シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界」についてメモを残そうと思います。

ピュヴィス・ド・シャヴァンヌは私の中ではずっと象徴主義の位置にいた人。ということでこれもとても楽しみにしていました。実のところ会場のBunkamura ザ・ミュージアムは不思議と客筋がいい時にあまり当たらなくて避けがちなのですが(たぶん行く時間帯のせいではあるのです。図録はいつも素晴らしい充実度なのですが〜)、この美術展は東京のあと島根へ巡回して終わり、という事で渋谷をチョイス(笑)。島根県美もいつか訪れたい場所なのは確かながら、今回は東京で。


puvis.jpg


構成は以下の通り。
第1章: 最初の壁画装飾と初期作品 1850年代
第2章: 公共建築の壁画装飾へ アミアン・ピカルディ美術館 1860年代
第3章: アルカディアの創造 リヨン美術館の壁画装飾へ 1870-80年代
第4章: アルカディアの広がり パリ市庁舎の装飾と日本への影響 1890年代


続きを読む

2014/03/10

「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア調絵画の夢」

もう一ヶ月以上前の事ですが…森アーツセンターギャラリーで開催中の「テート美術館の至宝 ラファエル前派展 英国ヴィクトリア調絵画の夢」に行ってきました。テート美術館やワシントン・ナショナル・ギャラリー等を巡回しての東京展。東京に来るって知った時は嬉しかったわー。現時点での混雑具合はわかりませんが、その頃はまだ比較的空いているという事だったので、混み合う前に!とお出掛けしてきました。今年楽しみにしている(た)美術展五指の一つなので、じっくり見たいですしねー。


prb.jpg


構成は以下の通り。
第1章: 歴史
第2章: 宗教
第3章: 風景
第4章: 近代生活
第5章: 詩的な絵画
第6章: 美
第7章: 象徴主義


続きを読む

2014/03/07

go west.

久しぶりに美術鑑賞遠征に行ってきました。東京で去年見そびれたものを回収したり、東京に来ないのを追い掛けたり。

普段の空いた時間にさっと出かけられる東京の美術展もよいのですが、旅先だと家事もしなくていいし(笑)一人旅ならそれこそ自分の事だけケアすればいいので、ホントに大きな気分転換になります。連れのいる旅の楽しさも格別だから、どっちも必要だけど。ふふ。

そんな自分の為の旅をこの時期に計画して、お仕事の修羅場が長いこと続いている雀さんには申し訳なかったのですが、快く送り出してもらってありがたかったです。しかし、後ろめたさというのはあるもので(笑)お土産は散財しましたわ〜。口に合うといいのですけれど(ええ、もちろん全て口に入るものですとも)。

美術展の感想は書いておかないと忘れちゃう〜と思っているのですが、東京で見た分もいくつか溜まっておりますな。書くのかな、私。